ミリタリー富士登山 番外編!

番外F1.jpg

富士山下山時に撮ったマルチカムの写真 個人的に一番好きなショットになりました。 抜けのよい大自然に溶け込むマルチカムとごっつい装備が、「らしさ」をかもしだしております。 全6回の長編になりました今回の富士登山レポートですが、今日は富士登山で撮れたお気に入りの写真をご紹介させていただきますね

番外F2.jpg

こちらは朝焼けのショット! 5合目に到着してまもなくの写真。 デブ☆グル隊員さんが撮りました

番外F3.JPG

出発前にみんなで集合写真 準備期間が入念かつ長かったこともあり、みな待ちに待った日でした。

番外F4.JPG

五合目駐車場から登山道に向かうデブ☆グル隊員 かっこいいようなあやしいような(笑) 

番外F5.JPG

ミステリーランチのマルチカム 3-Day アサルト 草むらにしっとり溶け込みます 強化プラスチックにハードナイロンを多用したバックパックなだけに軽量重視の山用品に比べいくぶんか重量はありますが、やはりミリタリーバックパックの最高峰に数えられるミステリーランチはとても背負いやすいアイテムでした!

番外F6.JPG

山頂の集合写真! 「迷彩服で挑戦しよう!」と誘った僕にデブ☆グルさんもホルモーさんも快く承諾してくれました。 感謝です

番外F7.jpg

頂上でA-TACSからマルチカムに着替えたホルモー 下山して直ぐに撮りました、ホルモーのお気に入り写真ですこのマルチカムのハーフパンツは「最新迷彩をもっとカジュアルな夏アイテムにしたい」とホルモーが提案してTRU-SPEC社のマルチカム長ズボンをズバッと切ったものを、デブ☆グルさんがすそ上げ処理してくれた、思い入れのある一品! 

番外F8.jpg

こちらはデブ☆グルさん 豊富なミリタリー知識を活かした商材のチョイス・コーディネートが「さすが」の風格です ACUのパンツでアメリカ陸軍をベースとしながらも、ローデシア軍なのかグリーンベレーなのか英国特殊部隊SASなのか、好きなものをごちゃ混ぜに取り入れ実物装備をうまく再構成したスタイルに脱帽! すっかり無国籍ではありましたが、トータルで見れば違和感もなく 「あり」 なミリタリースタイルです

番外F9.jpg

お気に入りのマルチカムでまとめたきるゆ  写真を見ると改めて思い出すのですが、ミステリーランチ、アウトドアリサーチ、TRU-SPEC、コンバース、ESS、山登りに際して非常に相性のいい組み合わせとなりまして、使い心地は非常に満足なものとなりました!

番外F10.JPG

アメフト時代に痛めたひざが空中分解寸前のホルモーさん、座ると余計につらくなるのでストックを使って一休み なんだか皇帝ペンギンみたいでキュートです(笑)

番外F11.jpg

険しい下山道が終わり、笑顔のデブ☆グル隊員 

番外F14.JPG

きるゆが履いていたコンバースのアサルトブーツ 独特のソールですが、がっちり地面を押さえるトラッドパターンです! 

番外F15.jpg

富士登山、影の立役者 正式に使われているミリタリーブーツである「ダナー」「コンバース」「コーコラン」が出揃いました! さすがに軍用、富士山のような酷所でも問題なし こんな場所でこそ、ミリタリー好きはタクティカルブーツという選択肢をチョイスですね!

番外F16.jpg

大きく躍動する雲はまるで生きているようでした

番外F12.jpg

空と日暮れと富士山と みなさん富士山レポートはいかがでしたでしょうか? 登山は楽しいものです。 見ず知らずの人と交わす挨拶、自然に包まれる気持ちよさ、心地よい疲労はかなりのリフレッシュにも。 これからは紅葉もありますので登山・トレッキングなど是非是非オススメしたいのですが、スタッフから大事なお願いです。  今回の趣旨は、サバゲだけじゃもったいない! 本物志向のタフなミリタリー用品でアウトドアを! というテーマでしたが、実際はかなりの準備期間を経てからの企画となりまして、遭難した際のリスク、日帰り日中登山なら迷彩服でも大丈夫ではないであろうか? いざと言うときの蛍光色ウェアの必要性、などの会議を経て熟慮した上でのエンターティメント登山となりました。 GPSやIRビーコン、インカム、高出力のフラッシュライト、長時間光る軍採用のサイリウム、SOSミラー等はギャグではなく、遭難した際のリアルな命綱です。   救難に備えるアイテム無しに、迷彩服着用で富士登山をされ、万が一遭難・滑落したそのときに迷彩服を着ているというリスク(山用品店の蛍光ウェアと違い発見してもらいない)は、実際問題かなりシリアスな事態を伴います。 富士登山をされる際には、情報収集、登山計画、前もって装備の確認をされてからチャレンジするようにしてくださいね 楽しみ方はそれぞれでもちろんOKなのですが「無事に帰ってくる」と言うのがやはり大前提でありますので 富士山の事故は「富士山遭難」というキーワードで検索すると結構ヒットします、興味のある方は 正直なめてるととんでもない目にあう山なんです さてさて、皆様、Thank you for reading! See you next military TOZAN!!  ブログ内に出てまいりました商品の取り扱い、お問い合わせなど、気になるものがございましたら、お気軽にファントムまで! 最後になりますが富士登山に際しましてアドバイスをいただきました横田店常連の皆様、ありがとうございました。 この場をお借りしてスタッフ一同心よりお礼申し上げます。

recomend

Blog

Category

archive