ミリタリー登山 高尾山~陣馬山編 その2!

ミリ足り登山2−1.JPG

きるゆです! 引き続き「ミリタリー登山 第二弾」のレポート! 「高尾~陣馬」 編 その②です! 本ブログはミリタリーもので山のぼりに行ったときの模様ををご紹介する内容なのですが、どこで路線変更したのか上記の写真はお蕎麦屋さんから出てくる満腹のきるゆです(笑) おなかもいっぱいになったし・・・・ 帰りますか!(テヘペロ)  っておい! 山登れよ! せっかく立派な装備背負ってんだから!

ミリ足り登山2−3.JPG

というわけで、登山道に向かうとホルモーさんが、自販機の前にいました。 「缶ジュースでも買ってんのか?」とおもいきや・・・け、ケーブルカーのチケット売場にぃぃぃ~(笑) いきなり乗っちゃうの?! それってハンドガンオンリーのゲーム会に「おまたせ~!」とか言いながらガトリングを持ってくるような状態だと思うのですが・・・読者の方々に申し訳ない?! と、思いながらもお蕎麦のぶんの時間を巻き返さなくてはいけないので、楽できるところは楽して行くことになりました!

ミリ足り登山2−5.JPG

カラフルな洋服のちびっ子たちがハキハキ登山道に入ってゆくのを尻目に・・・

ミリ足り登山2−4.JPG

社会人の恐ろしさを見せ付けます! 体力はないけど大人の資本力でカバー! 「本当はちゃんと歩きたいけどお蕎麦の分のスケジュールが狂ってしまったのでやむなく・・・しくしく(涙)・・・」というフォローがもはや効かないくらいにバッチリの笑顔です! ちなみにホルモーのお財布は・・・ボッテガです(笑) 山登りに約9万円のボッテガ どんなだよ!テレビのプロデューサーさんみたいなおひとですね

ミリ足り登山2−6.JPG

そうこうするうちにパイナップルみたいな南国配色の登山列車がやってまいりました! ひとまずインパール号と名付けよう・・・南国つながりで

ミリ足り登山2−7.JPG

ちなみに席が狭いので、こんな状態に(笑) ライオンの目がちかちかしてどの獲物を狙うかしぼりきれなくなるの待ちのシマウマの群れの原理。 どこからが誰の足?!

ミリ足り登山2−9.JPG

傾斜がきつくなるにつれ、進行方向と逆に座っている人は、どうしても前のめりになってしまうので、絶妙な距離感に(笑) なんか・・・こう・・・ルイスの目が怖いです!

ミリ足り登山2−11.JPG

10分足らずで終着駅に到着! 

ミリ足り登山2−12.JPG

「いや~疲れたね~」とあたかも登ってきた風! 大人って怖いですね!

ミリ足り登山2−12.10.JPG

ちなみに列車を降りると、もうすでにこんな景色がそこに待ち受けておりました! 関東一帯の主要な都市が見渡せます。 スカイツリーが見えましたよ! 疑い深いきるゆは若干、都市伝説だと思っていただけに実際に見れて感激!

ミリ足り登山2−12.25.JPG

ということで、高尾山 山頂を目指して行軍開始! いい天気で気持ちがいいです!

ミリ足り登山2−12.75.JPG

少し歩くと門が!

ミリ足り登山2−12.90.JPG

くぐると広い境内のようになっておりました!

ミリ足り登山2−16.JPG

甘いものが大好きなきるゆは早速 出店のアイスクリームにくいつきます! ブトウ酢ソフトクリーム?なるアイスだったような?? ただのブドウだと思っていただけに、ファーストバイトがすっぱくて軽く驚きました。 お酢は元気の源! 

ミリ足り登山2−15.50.JPG

ちなみに「天狗注意」  どう注意すればいいのかわからなくて、ちょっとたじろぎます・・・大丈夫!ドイツ軍人はうろたえない!

ミリ足り登山2−14.JPG

少し先を行くとこんなものが! 縁結びですって!

ミリ足り登山2−13.JPG

縁結びと聞くや否や、吸い込まれるようにおまいりをするホルモーさん(笑) 

ミリ足り登山2−15.JPG

ちなみに看板をよく見ると縁結びと一緒に「ぼけふうじ」と書いてあり、ルイスが一言「・・・同じ管轄なんですね」 お参りしたホルモーさんは「あ、ホントだ」と二人仲良く笑っている写真です! なんでしょうね、なんだかほほえましい(笑) 山っていいですね。

ミリ足り登山2−16.25.JPG

観光客、登山客でにぎわっております!

ミリ足り登山2−16.50.JPG

お、高尾山頂が見えてきましたね!

DSC07214.JPG

早くも訳のわからない達成感に包まれて満足げ! って30分も歩いてないですからね(笑)

ミリ足り登山2−17.JPG

高尾山頂からは富士山が見えます! ハレってしまい写真にはうっすらというかほぼ写ってないのですがお分かりいただけますでしょうか?去年9月の思い出がよみがえりますね!  さてさてここからが本番! 次回は奥高尾に行きますよ! ぐぐっと人の気配が少なくなりここから先は本気の方々しかいなくなります(笑) ちなみにこの先、道のり結構やばかったです! 

recomend

Blog

Category

archive