ミリタリー登山 高尾山~陣馬山編 最終章!

きるゆです!ミリタリー登山 「高尾~陣馬 編」 いよいよ最終回! 日没目前でやっとこさ陣馬山のモニュメントが見えてきました! ファイナルデスティネーションはもう直ぐそこ!

17時50分! 最終目的地である「陣馬山 山頂」にゴール! 10時半の登山電車に乗り、高尾~影信~陣馬到着まで8時間! まじで疲れました(笑) 

ルイスも大空に向かって深呼吸!

いや~、陣馬山・・・来ましたよ。

陣馬さんですよ。

荷解きも忘れ、無心に夕日を眺めます。 こんなに日没を意識したのって久しぶり! んなんてったって、日暮れ前には到着したかったので体力&時間との戦いでした。

苦楽を共にしたバックパックたちです! 今回奇しくもOD、KH、H/Gのミリタリーカラー3色で各自アウターとカバンが揃う結果となりまして、なんだかナイスタイミング。

日暮れ前に記念撮影です! 皆様、お疲れ様ですた!

日が沈みます。 18時08分頃でした。 

もはやココアを飲んでいるばやいではぬぁいので、とりあえず一服しつつ、さっそく各自夜間下山に備えます。サイリウムを折ります。

直ぐに1剤と2剤が混ざり光始めます。 コレで最低でも12時間は熱を持たない安全な光源が確保されるわけです。

カバンのパルスにつけます。

ルイスの極太マグライトも準備OK!

そして寒さに備えDPMのゴアテックスパンツをレイヤード。 実物放出品です!

各自チェックをして準備万端!抜かりなし! ここまでやってきて最後の最後でおっきな怪我などしたらもったいないですからね(笑)

サイリウムも用意しておりますが、きるゆは電池で起動する光物をいくつか持って来ましたのでスイッチオン。 写真は「V-LITE」のレプリカ品!

暮れたら早い! どんどん闇が迫ってきます。

背面は車のブレーキランプ同様、赤系の色味を多く取り込みました。 前面には各自ハンディライトやらヘッドランプやらで武装して足元の確認をしながら下山オペレーション開始! 20分ほど木の階段で構成された下り道を歩き、その後はアスファルトで舗装された下り坂を40分ほど歩きます。 その先でハンヴィー(バス)がお迎えに来てくれる予定です。

遠くに文明の光が見えてまいりましたね。 そしてこの山道は本当に暗い! 陣馬で写真を撮りすぎてしまい一眼レフのメモリーがなくなってしまったので、闇夜を切り裂くタクティカルライトの写真が撮れませんでした・・・申し訳ないっす ルイスはマグライト、ホルモーはフェニックス、きるゆはルミントップのTD15X 700ルーメンライトを持ってきたのですが、三人で照らせば真っ暗な夜道ももはや週末の六本木

すか~り闇夜でしたが全く問題なかったです(笑)スペックの高いフラッシュライトの重要性・必要性を再認識!

明るいうちに下山する登山計画だとしてもやはり山登りをする以上ライトは一つ持っておきたいですね! 迷ってしまい日が暮れたら間違いなく下山できなくなりますから。

そうこうするうちに、陣馬高原下バス停に到着!道なりに歩いて19時07分! 下山完了です! いや~お疲れ様でしたぁぁぁ!!

ぐったりですな~・・・最後のアスファルトの下りが実は一番ひざに負担かかった様な気がします。

お、ハンヴィー(バス)が到着いたしました!1時間に1本なので事前に時刻表をチェックしておいて下さいね!

荷物をまとめ、バスに乗車するべく準備! ルイスはまだチョコレート食べてます(笑) あとは、のんびり30~40分ほどバスに揺られていれば高尾駅に到着です! そしてJRで各自帰路に 高尾山付近は駐車場が少ないこともあり、休日はファミリーカーが飽和状態だとか・・・今回のルートはマイカーを使わずとってもナイスなプランですよね! ルイス君、企画進行お疲れ様でした!

そして、わたくし きるゆとホルモーはバス内でぐっすり(笑) お蕎麦を食べて山道を歩いてミリメシ食べてまた山道を歩いて、夕日を眺めフラッシュライトで夜道を歩いて・・・楽しかったな~・・・充実してました♪ 

買ったはいいけど普段なかなか使う機会の無いミリタリーハイスペックを思う存分使い倒せて各自疲れの中にも楽しさのある一日となりました! 皆様お付き合いありがとうございました!

recomend

Category

archive

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION