ミリタリー登山 雲取山編 その6!

6-0.JPG
きるゆです! ファントムスタッフがミリタリーアイテムで山登りに行く「ミリタリー登山」の「第三弾 雲取山編」のその6でございます!いよいよクライマックス! 後少しで2017mの頂上に向かう最後の稜線に出るのですが、その手前でとんでもない傾斜が待ち受けておりました

6-1.JPG

でもつべこべ言ってられません! みんな心の中で「よし・・・行くぞ!」と心構えをして順次この斜面に挑みます☆ ちなみに「そんなに、大した傾斜じゃないじゃん?」という方いらっしゃると思います・・・そうなんです、写真だと伝わらないのです そんな方のために・・・

6-2.25.JPG

はい、コレです(笑) なんだこれ?! 段ボールをソリにして「ジングッべ~ル」とか言いながら滑ったら時速100kmは出そうな傾斜(笑) バランス崩して後ろに転げたら、体がボコボコになっちゃいそうです

6-2.5.JPG

登りきって「いや~・・・凄まじかったね」ときるゆとルイスは思わず写真撮影☆ しかしながらこの斜面で一気に標高を稼ぎ、上がりきったところでの景色はさらに一段と高くなった雰囲気でしたよ! これから先に待ち構える絶景への期待でドキがムネムネします!

6-3.JPG

見えた! 向こうの小高い丘! あそこが雲取先生の山頂です! ひゃ~・・・長かったな~ あとは稜線を歩いてお昼ごはんだ!

6-5.JPG

ファイナル・デスティネーション(最終目的地)が見えてきて、一同そわそわ! 顔にも笑顔が戻ります! いけいけ~!

6-6.JPG

比較的平坦な道とはいえ、この道程・・・地面に転がる石ころのブロック一つ一つが大きいんだよな~

6-9.JPG

高山病みたいなのは特になかったのですが、実際、先のウォータースライダーみたいな傾斜でがっつりとエネルギーを取られ、なかなかしんどいです

6-10.JPG

でも、この景色! 来てよかった~!と心のそこから思いましたヨ いわゆる山脈がよく見えて、周りに見える山々より雲取山が一段抜きん出ていることがよくわかります

6-11.JPG

後続も追いつき、一休みしつつデブ☆グル隊員さんを待ちます 通勤にマウンテンバイクで来るルイス、趣味はフットサルのムスタファさん、大学時代はハードにアメフトをやっていたホルモー、それぞれスポーツ体質なのですが、この山はなっかなかハードでしたよ みんな「きついわ」とうなってました(笑)

6-12.JPG

山頂の避難小屋が見えてきました! 長かったな~

6-13.JPG

あと少しだ! ファイト一発で最後の坂を上がります! ちなみに写真って本当にもどかしいです。 稜線の抜けが良すぎるのでこの坂、2次元ですと、ちょっいとしたスロープくらいに見えてしまうのですが・・・

6-13.5.JPG

ぐぉ・・・引きで写真を撮るとこんなかんじに(笑) 雲取さん!あんたさっきから壮大すぎるよ!ルイス・きるゆがお米みたい。

6-14.JPG

あはは! なんか視力が良くなりそうなくらい遠くまで見渡せます(笑)

6-15.JPG

いや~! 山頂の看板が見えてきました!あとちょっとだぜぃ!

6-16.JPG

っっっっはいぃぃぃ~!! 着きましたよ!!!! 2017mの雲取山 山頂! 関東一円で一番高いと言われるだけあり、この山は結構たいへんでした 早い人で3時間30~45分、一般男性で4時間~4時間半と言われるこの山ですが、装備過積載でちんたら写真を撮りながら進んでいた我々は5時間弱かかりました(笑)

6-19.JPG

ルイス、ムスタファさん、ホルモー、先についたメンバーで記念撮影! きるゆはカメラマンです さぁ、荷解きをしてお昼ごはんを作ろう なんてったって、さくさくご飯食べて下山しなくてはイケませんから(笑) 腹ペコだ~

recomend

Blog

Category

archive