マウンテンリーコン図工の時間! ナイフでお箸を作るよ!

扉 DSC05636.JPG

こんにちは、ティンダロスです。 前回のキャンプでお箸作ったんですよ、持ち寄ったナイフを使って。 これがなかなか楽しくてですね、音吉さん、チャリ坊さん、ティンダロスの3人で三者三様のお箸でつくりましたのでちょこっとご紹介。

1 DSC05593.JPG

みなさんアプローチが全く違くておもしろかったですね~。 薪木をガーバーのアックスでさらに細かく割って節に沿ったまっすぐなお箸を作ろうと試みる音吉さん。

2 DSC05598.JPG

かたやチャリ坊さん&ティンダロスは森に落ちていた適度な枝から切り出しました。 歪みは「あじ」です。 オンタリオのラット3でまずは荒削り。

3 DSC05628.JPG

足元の木屑。 笑  

夢中になってますね~! 童心にかえってこれが、なかなか楽しい作業でした。

4 DSC05624.JPG

シャっ!シャっ!と何度も繰り返します。 これくらいかな~?もう少し削ろうかな~・・・みたいな。 頭の図面と照らし合わせ即興で削ります。

5 DSC05631.JPG

意外と30分以上やっていたようなきがします。 細かい仕上げには、オピネルのフォールディングが最適です。 最後の仕上げに入ります。 無心になってますみなさん!

6 DSC05633.JPG

完成! 一番左が音吉さんのお箸、そのさらに隣のとても長いのが音吉さん専用菜箸、その隣がチャリ坊さん。 グリップしやすいように握り手に溝がきってあります。 その隣、なんの変哲もないのがティンダロスのおはし。ちょっと先がとんがってます。

なんでこんなもの作ったかというと、これから焼肉なんですよ!お外で! だもんでいち早くお肉をピックするべく、遠距離でも手が届くよう菜箸つくったり、捕えた食べごろのお肉を逃さないよう確実なグリップを約束するフィンガーチャンネルの入ったお箸作ったり、長すぎず短すぎず力が適度に入るうえにお肉が突き刺せる構造にしてみたり! お肉に対するおのおのの執着心が丸わかり! 

併せて、パスタも作りましたので、食べ物のくだりはまた後日!

recomend

Blog

Category

archive