クリス・コスタ 初来日! 気さくでおちゃめで、聡明な方でした☆

January 9, 2015

 

こんにちはティンダロスです~☆ 

 

僕のFacebookでもうご存知の方もいるかと思いますが、先日行われましたピースコンバット主催「COSTA IN JAPAN 2015」ウェルカムパーリーにお呼ばれいたしまして遊びに行ってきました~。 

 

当日はバチバチに写真の規制が入るかな~・・・とドギマギしながら会場に顔を出すと、なんとま、とっても緩い感じでフォトセッションが許可されていてですね、僕も写真を撮らせて頂きました。 とってもうれしい。 本当にうれしいの。 この人はとんでもないイノベーターですからね。 うすうす気づいてはいたのですが、お話させていただくと、とにかく聡明な方でした。 そして、手が大きい。

 

「お、赤いジャケットかっこいいね!」とフランクにお言葉を頂戴したりして、感激でした。 

 

 

会場ではトークショーをまじえ、ステージ上で質疑応答。 

 

個人的に印象的だったお話しをここで→→→ コスタさん、初めて撃った銃はコルトガバメント1911なんですって。 8歳のころにお父さんに手を添えてもらいながらレンジで45口径を撃ったそうですが、銃がとても大きく感じたそう。 映画やテレビの影響で銃自体は正義の味方が使う物でとても興奮したのを今でも覚えているとのことでした。 この親子の触れ合いというか、父親から教わって銃を撃つことで自分も大人として認めてもらえた実感や、親父もまたその父親から代々教わってきているという家族のつながりを感じたし、銃を撃つということは、ハンティングで自然とのつながりを感じたり、時には家族を守ったり、危険なものを扱うという責任感を実感したりと、銃を撃つというアクション以上に学ぶものが多かった。 といったことをですね、お話されてました。 だから腕に「父親」ってタトゥー入ってんのかな? 時間がなくてちゃんと聞けなかった・・・

 

ラスベガスで遭遇したら、また声かけにいきたいですね♪ どこのブースにいるのかも、ちゃっかりちゃんと聞きました(笑)

 

 

ステージ上で軽くフォルムの実演をしてくれたのですが、速い!とにかくターンとか、プローン(伏せ)なんかへの姿勢の移行が速い。 さっきまで立っていたのにシャッター押したら伏せちゃって、すみません上の写真は伏せちゃったところです・・・。

 

会場ではお酒を飲みつつ、エレクトロな音楽で緩くおどりつつ、メーカーさんが参考出店しており、なかなか面白かったですね~。

 

そんな中でも、来場者の興味を総なめにしていたのではないでしょうか、ナイトビジョンのブース。 そこらでよく売っている第一世代とかじゃないですよ’(笑) 第三世代のカチカチのナイトビジョン。

 

うわ・・・よくもまぁ、すごいな・・・こんな危険なものを堂々と・・・と思っていたら! なななななななんと全部合法的にアメリカを出国しているアイテムばかり! 

 

このまばゆいばかりの第三世代ナイト美女んちゃんたちは一般的にITARというアメリカが設けた武器取引規制にひっかりまくっているアイテムで、うっかりトランクに詰めてアメリカ旅行帰りにお土産で~だなんて出国を試みようもんならとんでもない目に合うアイテム(罰金1億円もしくは懲役10年もしくは両方とかだったはず。アイテムはもち没収)なんですね。 

 

まぁテロ国家へこれらの最新技術が流入するとアメリカの優位が保てなくなるので、がちがちに規制されているのですが、この日ブースを出展されていたメーカーさんは、お上専用の納品メーカーさんで、ちゃんとITARをクリアして日本に輸入されているんですって。 

 

つまり、民間人は取引対象外なので販売してもらえないのですが、この日は一般向けに説明会をしておりました。

 

 

真っ暗ですよね、肉眼では。 真ん中に三枚の白いもわっとしたのがあるのご覧いただけます?

 

 

会場の廊下なのですがナイトビジョンを通すとこんな感じ。 夜がお昼になるこの装置、それが第三世代のナイトビジョンですわ。 ちなみにこの写真はPVS-14というモデルですよ。 PVS-7よりはるかに精度がよく、ファンタスティックな画像なんですよね14って。

 

 

ぴっちょも来ておりました。  「ぴっちょ久しぶりだな!ブログ用に写真撮ってよ!」というと「もちろんだよ!!」とポーズ決めてくれる。 「戦え!!ぴっちょりーな☆」応援してあげてください。 とにかく頑張り屋さんでいい子ですホント。

 

 

イベントの最後はSMショーです。 会場どよめきまくり(笑) タトゥーがブリブリの女王様がきっつい表情でお供のMっこ女性を鞭でビシバシ叩いてゆきます。 裸ではなくちゃんと下着は終始つけているのですが、痛くないのかな?とか心配なっちゃったくらいすんごい音していて、なんかトレポン系流速の乾いた「バシン!」みたいな音(笑)

 

すごかったのが途中女王様が前列のお客様に「おひとつ(ひとたたき?)どうぞ♪」みたいな感じで、しなるゴムベラみたいなのを笑顔で手渡すという。 その時の女王様の「叩いてやってくださいうちのMっこを♪」という上品で気遣いあふれる女神のような笑顔が忘れられません。 さっきまであんなに表情きつかったのに、そのギャップに思わず惚れかけました。 叩かれたくはないですが(笑) 

 

手渡された男性はちょっと控えめにMっこのお尻を「ペチ」っと叩いていたのですが、う~んジェントル。日本は健全だなぁ~と思いながら、SMショーが終わりました。

 

そのあとファーストさん提供の東京マルイHK417等があたるビンゴ大会の始まり。

 

ステージにカムバックして開口一番コスタ先生が「んなんでもっと強くひっぱたかなかったんだ~! バシンとやるチャンスだったのにぃぃぃ!!」  会場大爆笑(笑) コスタ先生もステージ脇で見てましたSMショー(笑)

 

あのゴムベラみたいなのコスタ先生に渡したらおもくそベエッッッティ~~ン!叩いたんすかね??

 

あぁ、敬愛するコスタ先生・・・アメリカの人ってわかりやすくていいですね(笑)

 

 

 

そんなこんなで楽しく幕を閉じた初来日ウェルカムパーティーでしたよ☆ あ~、楽しかった。

 

クリス・コスタはインストラクターとしてだけでなく経営者としてマーケティングやブランディングにとてつもないスキルがある人ですからね、こういう人をサンプリングして自分も人生作ってゆきたいなと思いました。 彼が着ている物、身につけている物、持っている物を人が「同じものをくれ!」といって買うわけですよ。 すごいよ、それって。

 

ちなみにこの日、彼はウェスタン風のブーツにフレアのデニムといった出で立ちでした。 太くはないけどがたいよかったな~・・・。 俺も鍛えよ~って思いました。

 

 

おまけショット。 コスタ先生を撮りまくるファンたちの図。 床にひざまずいてカメラ回しているのはぴっちょです(笑)  もこもこ帽子をコスタ先生にほめられておりました☆

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION