雪山スノートレッキング! PART 2 !


1 DSC00444 02.JPG

はいこんにちぃ~わ! ティンダロスです! 三月にファントムマウンテンリーコンクルーで登った入笠山へのスノートレッキング! 

ミリタリー装備満載で挑んだその模様をお伝えするパート2です!

48.5 DSC00564.JPG

パート1の終わりでデブ☆グル隊員が魅せた絶妙な映像に大満足の当方マウンテンリーコンが誇る動画エディター&カメラマンのチャリ坊さん。 ちょ~~~嬉しそう(笑)

49 DSC00554.JPG

わたくしティンダロスはアウトドアリサーチのフリースグローブがさすがに雪で湿ってきましたので、ここで選手交代☆

50 DSC00555.JPG

またもやORなのですがウィンターグローブに変えました。 これなら浸水しないし保温性もより高くて安心。 アウトドアリサーチをけっこう崇拝してる風(笑)

52 DSC00559.JPG

途中、外皮がはがれた木を発見。 テレビ「脱出山」でも紹介されたこの樹木は「岳樺」。 この外皮は噂通りよく燃えそうです。 

「脱出山」でドイツ陸軍兵士が行動中に「雪山で燃やせそうなものはこまめに集めておくのが的確な火おこしのポイント」みたいなことを言っていたのを覚えていたので・・・

53 DSC00560.JPG

別に僕たちは極限状態ではないのですが、マネして一応採取。 強風で自然に剥がれ落ちそうになっていた樹皮を少し頂きました。 

むやみやたらに樹木の枝折ったりナイフだの斧だので、生皮オラオラ引っ剥がしたらいけませんよ~! 植生や生態をいじくらないマナーも大切!

55 DSC00568.JPG

服助さん、いい感じですか?? 若かりし頃にサッカーで鍛えた軽いフットワーク! 実は富士山にも何度か登っている福助さん、さすがにいいペースで歩いていらっしゃいましたが、「雪山はやはり春夏の登山とは違いますね・・・ふくらはぎにきます・・・」とは翌日のご本人の弁☆

雪上ってなんだか一歩一歩をしっかり踏み込まないとバランスを崩しそうになるので、知らず知らずよろめかないように全身でカバーしていたようで、わたくしティンダロスもけっこう疲れを実感しました・・・。

56 DSC00567.JPG

今回のスノートレッキングをセッティングしてくださったカブさん、軽食で栄養補給中☆ グローブはレイヤーになっていて、行動中と休憩中、手先を露出することなくそれぞれの使い分けをして、末端の温度低下を防ぎます。 

な、慣れてますね!! 

57 DSC00566.JPG

どうみても過積載のデブ☆グルさん(笑) 山頂でフリマでもやるのかな?というくらい食べ物系の荷物がとにかく多かったのですが、まるで行軍訓練にのぞむ兵隊のようでした・・・重さがあっても背負いやすいミステリーランチのナイスフレームつきバックパックは軍隊でも採用されているスペックなので、重量がある割にはひょうひょうとしてましたが、斜面が続きさすがにちょっと疲れたご様子! 

あと少しで山頂ですよ!

58 DSC00574.JPG

えっほえっほ・・・。

60 DSC00576.JPG

あと少し・・・おいっちにさんっし。

61 DSC00582.JPG

と、いうことで!

62 DSC00579.JPG

入笠山、山頂に到着! 1955メーター! 

コース入口まではゴンドラで上がってきますので意識してなかったのですが結構標高あります!実質歩いた時間は1時間くらいですね! 

63 DSC00585.JPG

デブ☆グル隊員さんもあがってきました! 土偶のような状態に! 大丈夫かな?! その模様をカメラでおさえるチャリ坊さん! なんだか仲良し(笑)

64 DSC00595.JPG

うわ~!! ふもとの町がはるか下!! 来てよかった!!  山頂はかなりの絶景でしたね!

65 DSC00591.JPG

とにもかくにも、記念撮影! あ・・・ティンダロスがいない・・・だってこのときカメラのシャッターを押していたんですもの(笑)

66 DSC00597.JPG

あの途中に見える建物がゴンドラの乗り場でっせ! 経由地が確認できて安心! こんな感じの雪山なら手軽に楽しめていいですね!

66.5.jpg

今度はチャリ坊さんにカメラを押していただき、わたくしも記念撮影☆

67 DSC00598.JPG

ということで、山頂でランチをしたかったのですが、晴れているのに地獄のような強風で、めためたサブい・・・&強風すぎてバーナーも機能しなさそうでしたので、ちょこっと戻ってランチスペースを見つけることにしました。 

あ~ぁ・・・この雄大な景色でカップめん食べたかったなーーーーーーーーーー!!

でも、下山は下山で楽しいことが待ち受けてました・・・それが・・・

68 DSC00601.JPG

そう! 尻スキーーーーー! 

69 DSC00604.JPG

童心に帰り、みんなジカケツで滑ります! 急傾斜であればいっきに滑りおちますので、さながらプールのウォータースライダーのよう! ひゃっほーい、楽しい! 簡易ソリがあればもっと楽しめたかも!! 

70 DSC00605.JPG

おっと、デブ☆グル隊員さんもスライディングスタイルで滑り落ちてきましたよ、冷凍マグロのような感じ☆ そのまま築地に(笑) 詳細はYouTubeの動画で!

80 DSC00606.JPG

いや~雪山たんのしいです! 相変わらずマグフォースのバックパックは強固でたのもしい! 1000デニールナイロンの外殻は雪なんかではびくともしません! 

81 DSC00610.JPG

山頂から5分くらい降りたところで多少開けた場所を見つけたので、少しみんなで踏み固めて、ここでお昼ご飯をすることにしました。

各自こだわりのお昼ご飯を頂くべく準備に入ります☆

ファントムマウンテンリーコンでは調理系の器具も充実&取り扱っておりますので、お昼ご飯はみっちり紹介いたしますよ!

ご購入時の検討材料としてブログの内容をお役立て頂けますとうちらも幸いっす!うっす!やった甲斐があるってもんす!

83 DSC00613.JPG

はい! チャリ坊さんが取り出したこのアイテム! SOTOのフィールドホッパー!

パカッと開くとですね、足が「ジャキ」っと飛び出してくるギミックが斬新なミニテーブル!組み立てのわずらわしさゼロです! だって勝手に組みあがるんだから(笑)

84 DSC00608.JPG

A4サイズなのですが、重さ395グラム、耐荷重3キロのナイスなやつで、天板はアルミ製なので熱いものを乗せても大丈夫! ソロキャンプやソロハイキングでのお食事テーブルやファミリーキャンプやバーベキューでのサブテーブルとして、さらにはテント内でのミニテーブルとしても使えちゃいます!

アウトドアをやっているとよくわかるのですが、意外とですね「これわざわざいる?」といったようなアイテムがですね!本当ーーーーーーーに役立つのです! 

ボコボコした芝生や砂利だらけの河原で平面を作り出すのは結構困難です。

麺類やスープが好きなティンダロス的に汁物を地べた直というのは不安定で、ひっくり返しそうなためストレスだったのですが、パパッと平面が作れるこのテーブルはかなりナイスだと思いました☆

通年使えるコンパクトテーブル、おすすめですよ!

85 DSC00624.JPG

デブ☆グルさんも、お昼の準備! うれしそう!

87 DSC00636.JPG

エスビット固形燃料ストーブにアルミのクッカーを乗せ、お水を投入!!

かねてより使ってみたいと言っていたエスビットを使って、そのスペックを確認しちゃいます!

エスビットポケットストーブでラーメンを上手に作っていたマウンテンリーコンクルーといえば雲取山でのルイスさん!ベトナムベテラン! 果たしてデブ☆グル隊員さんは彼のようにうまく作ることができるのでしょうか?!

88 DSC00633.JPG

こちらはカブさん! SOTOのウィンドマスターガスバーナーをセット!

89 DSC00639.JPG

67グラムの軽量な本体に2800キロカロリーの強力なガスバーナー!

90 DSC00617.JPG

こちらはチャリ坊さんのガソリンバーナー MUKAです! 火力がすごい! 4000キロカロリー!

91 DSC00622.JPG

ガソリンバーナーに組み合わせるのはこちら! バウルー ホットサンドメーカー! お手軽にアツアツおいしいホットサンドが作れるメイドイン ジャパンのホットサンドメーカー! テフロン加工済みでハンバーグだって焼けちゃう!

92 DSC00632.JPG

さっそくパンを乗せてハム&チーズを投下してホットサンドに突入! スメール ライク ビクトリー!

93 DSC00627.JPG

こちらは、福助さんのお昼ご飯準備ちぅ☆

使い終わったらくるくる折り畳める!耐熱温度100度以上!ナルゲン フォールディングキャンティーン 1.5リッターパックにお水を入れて、GSIのピナクル ソロイストクッカーを持ってきました!

そして今回の初投入の新商品が写真に写っておりますテーブル!! 動画↓↓↓↓

大人1人で50秒あれば組み立てられる、ウルトラライトテーブルです!! 840グラムで車載しておけばサバゲなどでも重宝しますね!  2人~3人で使える54センチ×41センチの、いけてるナイロンテーブルです!

94 DSC00629.JPG

そして服助さんも、SOTOのウィンドマスターガスバーナーを組み立て開始!

95 DSC00631.JPG

頼もしいやっちゃで!! 

96 DSC00648.JPG

カブさんは、慣れた手つきでカゴメのトマトジュースとカレーパウダーと焼き鳥缶詰でトマトカレーを作り始めましたよ! 僕は外のご飯と言えば手軽にパッパと食べれるものを毎回チョイスするのですが、さすが玄人はちがいますね、外での食事でも一手間を惜しまない☆ カブさんくらいアウトドアしてたら毎回カップめんじゃ飽きちゃいますもんね(*´艸`)

97 DSC00647.JPG

うまそ~!!

98 DSC00660.JPG

さらにパンまで焼き始めました! こってますね!

99 DSC00654.JPG

おっと、ここでバウルーでホットサンドを作っていたチャリ坊さんのランチができたようです!

100 DSC00669.JPG

いただきま~! と一口かじって「んまい」

安定のうまさ、ホットサンド☆ 焼き上がりに要する時間は2~3分。 お手軽に楽しめる上に、挟んだまま火からおろせばしばらくバウルーの中で保温もできちゃいます! パンが冷めなくて済みます!

101 DSC00657.JPG

負けじとマルタイ棒ラーメンを取り出した服助さん!

102 DSC00656.JPG

お湯が沸いたのでここに投入! 3分後にはラーメンの出来上がりだ!

バーナーを囲むこのシルバーのツイタテ、ウィンドスクリーンというのですが強風や横風が吹く環境ではこれをやったげると、劇的に湯沸きが速くなります! 無風であればまぁ必要ないですが、あるとなんだかんだ役に立つバーナーサポート系アイテム☆  バーナーとセットで運用したいものです!

103 DSC00642.JPG

とここでデブ☆グル隊員に目をやると・・・なんとま!まだ火がおきてない・・・

使ったことのある方であればご存知かもしれませんが、エスビットは着火がシブいんですね。 安全に運用するための配慮なのか一度火がつけばぐいぐい燃えるのですが、点火は少しシブいのです・・・今日は雪山ですので冷えていたらしくなおさらつきにくい・・・。

一発で点火できるSOTOのターボライターも持ってきていたのですが、せっかくなので先ほど採取した岳樺の外皮と普通のライターを火種にしてエスビットに点火します。

このようなひと手間もアウトドアだと楽しいものです♪

104 DSC00643.JPG

樹木の外皮よく燃える! いい火種ですね!

105 DSC00650.JPG

あっという間にエスビットの固形燃料に点火できました!

106 DSC00649.JPG

一安心のデブ☆グルさん! クッカーの回りがちらかり放題(笑)

107 DSC00674.JPG

そうこうするうちにカブさん、ご飯の用意が出来まして、トマトカレーをいただきます!

108 DSC00665.JPG

服助さんもラーメンが出来ました! あったまりますね! スポークで頂きます!

110.5.jpg

わたくしティンダロスもいつものシーフードヌードルをスポークで頂きます!うまい!

109 DSC00675.JPG

デブ☆グルさんのラーメンもいい感じになってきました!

110 DSC00676.JPG

おいしそうですね! 外気温が寒く、冷えた地面も近いので、なかなか沸騰せず煮えた頃合いをはかるのが大変そうでした! 夏場と違い冬場のエスビットは難しいかもですね!テクニックが必要そうです!

とにかくあたたかいご飯にありつけてよかった!

111 DSC00678.JPG

食後はチャリ坊さんの提案で雪洞を掘って遊ぶことにしました。 なんだかんだ雪山で遭難した際のライフライン。

基本的には雪洞の世話にならないように計画的に行動するべきですが、万が一ビバークしなければいけない状態になった時には必要な技術になりますね。

とりあえず斜面を掘って、垂直面を出し、そこから横へ掘り進みました。

111.5.jpg

食後の労働(雪洞堀り)がいやで、ひっそり擬態していると・・・

「おらティンダロス野郎!たこつぼ掘りサボんな!」とどやされ・・・(笑)

111.75.jpg

しぶしぶ掘りに行く(笑)

と、おもったらなかなかたのしい!雪がサクサクしてます☆

112 DSC00679.JPG

ある程度やったらチャリ坊さんが仕上げてくれました。 天井を少しアーチ状にして強度を増して、仕上げに入口にブロック状の雪を置いて入口を最小限の広さにします。

113 DSC00686.JPG

この時期の入笠山は積雪がそんなにないので十分な高さを掘る前に地面に届いちゃいました。

114 DSC00685.JPG

デブグルさんがツェルトを取り出しました☆

116 DSC00690.JPG

入口にファサ~っと、かけて、固定したら、はい簡易雪洞出来上がり! 今回は積雪が足りなかったのであまり大きなのは掘れなかったのですが、来季は大きいやつを作りますよ!

117 DSC00692.JPG

「たしかにあったかいです!」と絶叫するデブ☆グルさん! 中に入るとたしかに体感温度が違います!

118 DSC00698.JPG

足も伸ばせる! 実際にビバークする際はバックパックの中身をだして内容物を体の下に敷き、カラになったバックパックに足を突っ込んで凍傷を防ぎましょう! バーナーがあれば結構これで大丈夫かも・・・? 

一泊できるのか・・・た、ためしてみたい! でもわざわざ遭難するのはダメ!絶対!

118.5.jpg

みんなひとしきり雪洞に入ったり出たり(笑)

118.75.jpg

私も(笑) スコップがライフルに見えたあなたは立派なイェーガーです!  ←?

119 DSC00700.JPG

遊び終わった後は雪洞は壊します。 危ないですからね、他の人が踏み抜いて「ズボ!!」っとハマっちゃうかもしれないので。 石器時代くらい元の状態にきれいにもどして帰りましょう! ネイパーム!

120 DSC00703.JPG

イヤー、楽しかったなァ~・・・疲れたけど充実してました☆

121 DSC00709.JPG

さてさて、下山しますか!

122 DSC00712.JPG

下山オペレーション開始です!

124 DSC00713.JPG

事故のないように落ち着いて帰りましょう! 下りは速いですね! 傾斜を走って下っちゃったりして☆ 動画で是非!

124.5.jpg

ということで、朝ゴンドラを降りたゲレンデの頂上まで無事に戻ってきました! 楽しかった!

勉強になりました! 夏の装備と全く違う物が必要になってくるということがよくわかりました☆

僕はカップめんを食べてましたが、あれじゃ手がなんにも暖まらない(笑)

多少の手間はありますが、服助さんみたいに、GSIのクッカーで調理すれば適温になってきたときにクッカーを手袋越しに持って指先をあたためることもできますね、勉強になりました。

わたくし、食後は持参したナルゲンにリプトンティーパックを入れてから沸騰したお湯を入れて、おなかのポケットに入れておきました☆ タコツボ掘りが快適にできました。 触ってよし、飲んでよし、ホッカイロよりも暖かさに即効性があり、おススメ!

125 DSC00720.JPG

ゲレンデから滑って帰りたそうなチャリ坊さん(笑) 

126 DSC00723.JPG

今日はボードがないので帰りもゴンドラ(笑) みんな笑顔!

127 DSC00725.JPG

カブさんありがとうございました! 楽しかったです! あと、本当に勉強になりました!

127.5.jpg

駐車場まで戻ってきました☆ 疲れた~・・・。

127.75.jpg

七福神のような表情で、満面の笑みを浮かべるデブ☆グルさん(笑) お疲れ様でした!

128 DSC00727.JPG

帰りは山梨の「小作」でえび天とホウトウを食べましたよ!

128.5.jpg

おいしかったですね~、疲れた体に染み渡る感じで♪

128.75.jpg

夢中で食べる(笑) 運動したからか、やたら体がハイカロリーなものをほしがります。

129 DSC00728.JPG

ホンワカ~

皆様、ご拝読ありがとうございました!

久しぶりのミリタリー登山となりましたがいかがだったでしょうか?? 最後に動画のリンクを貼っておきますのでご覧になっていただけるとさいわいです!

前編

後編

ブログに登場するクッカーやバーナーは取り扱っている物も多数ありますので、気になったものがございましたら併せましてお気軽にお問い合わせください♪ 

ファントム通信販売部 お問合せ専用ダイアル→0424-72-6411

recomend

Blog

Category

archive