ファントムマウンテンリーコン!ミリタリー登山始動! 山頂に砂浜!? 標高1600mで砂丘にアタック!

June 20, 2015

こんにちわ! ファントムマウンテンリーコンのティンダロスです!

 

久しぶりにミリタリー装備で登山してきました! リーコンクルーが実際に取り扱っている商品をアウトドアで使ってその性能を検証しちゃうぞ♪ってやつです!

 

今年の3月に入笠山でスノートレッキングしてきましたので3ヶ月ぶり?かな? そう考えると言うほど久しぶりというわけではないような気もしますですが、季節が変わり3ヶ月温存してフィールドテストに繰り出しましたよ!

 

今回のお山は「日向山 ヒナタヤマ」です! 山梨100名山にも選定されている1660mの山でして、山頂が砂浜のようになっているのですね~! 上のお写真からもお分かりいただけるかと思いますが、すんごい違和感でした! なんてったって林道抜けたらいきなり砂浜ですからね(笑) 砂丘?のようになっていてですね、行く価値ありますよ~!

 

工程的にも過酷ではないのでいろいろテストに費やせるナイスな山! 山頂ではミリメシも実食いたしましたので、面白おかしくレポートしちゃいます! それでは張り切っていきましょう!

 

 

こちら出発ポイントになります「矢立石駐車場」です!

 

20号から道の駅「はくしゅう」の手前の信号を曲がりズイズイ林道を進んでいきますとここに出ますよ!

 

 

 

われわれは10時くらいにここに着きましたがすでに何台か停まっておりました! この時期であれば四駆でなくても入れる道ですのでご安心ください! ちなみに無料です☆

 

 

 

そして登山口☆ 右が山頂へ続くハイキングコース! 左が錦滝です! 右から入って山頂に行き、山頂から錦滝へ下山し、錦滝から矢立石駐車場まで戻ってくる1周コースを考えております!

 

出発地点もゴール地点もこの矢立石駐車場です!

 

 

本日のリーコンクルーは、数々の山にアタックされておる「カブさん」を筆頭に、カメラ担当のティンダロス、音吉さん、服助さんの4名です。

 

 

ぼくらの頼れる北極星「カブさん」がここでルートチェック。 すると・・・。

 

 

こんなことが書かれておりました。 「山頂から錦滝への下山ルートは危ないので禁止」、ということで僕たちが考えていた、矢立石駐車場~山頂~錦滝~矢立石駐車場のコースはダメですって。

 

 

そのかわり矢立石駐車場~錦滝~山頂~矢立石駐車場はOK! 崖でもないのに同じ道で登ってもいいけど、下山は禁止のルートってのがいまいちピンときませんが、北杜市の行政看板ですからね、ちゃんと従います。 平成23年の情報ってのが引っかかりますが(笑)

 

 

のちにこの「下るのが危険」の意味がよ~~~くわかることに・・・。

 

 

ということで錦滝を目指すべく出発! 40分くらいの道のり!なだらかでいいです!日向山楽ちんだな~♪ なんて思っていたら・・・。

 

 

いきなり野生のサルに遭遇! 出発して5分で! 森から、がさがさっと音がしたと思ったら、30m~40mくらい先の道を横切って行きました! 案の定群れで、斜面を見下ろせば猿ファミリーがたくさんいました。

 

以前有馬ダムで野生のサルの群れを見たことがありましたがその時は100mくらい距離があり、なんか感動も絡みも別に・・・って感じでしたが、今回は近かったですね~。 

 

野生とはいえ、基本的におサルさんは頭がよいですから、こちらが危害を加えるものではないと理解してもらえれば、特に害はないことが多いですね。 勝手に逃げますし、不用意に刺激したり挑発しなければ普通にやり過ごせます。

 

ちなみに近くで遭遇してしまったときに、あまりにもおののくと、「あ、こいつザコキャラだわ」とおサルさんに思われちゃって向こうが調子に乗ると「持ってんだろ?おい?なぁ、出せよ、キットカット」みたいな感じでにじり寄って登山に持ってきてる食い物要求されたりするそうなので、おどおどせずとりあえず「あぁ、サルね、まぁよくわかんないけど、カンケーなんじゃん?」みたいな毅然とした反応も大切みたいですね! 野生相手に毅然もなにもない気がしますが、目を読むといいますからね。 現に男性より女性や子供から食い物かっぱらう傾向にあるわけですし。 自分興味ないッスからといった毅然とした態度がいいみたいですよエテ公には。

 

基本的には距離を保ったまま、近づかないように様子を見ましょう。 膠着してしまったら状況によっては迂回するのも無難ですね。 小さいとはいえ、ルーサーは犬歯も鋭く噛む力もあるので、本気で襲われたら一大事になることも・・・。

 

一応、猟銃を持った農夫のおじさんと同じ戦闘力にしておきました。 5です☆

 

 

 

 

なんだか幸先良いね!みたいな感じで再び出発!

 

 

 

通行止めの標識がありますが、これは「車両通行禁止」ってことです。 錦滝へ続く道はこの先ですのでバリバリ徒歩の我々はこの先に躊躇なく進みます。

 

 

 

今1165mなり~。

 

山梨の山って、そもそものぼり始めの標高がすでにそこそこ高いという(笑)

 

 

 

涼しくて気持ちがよい! 日頃の喧騒を忘れさせてくれるような、心地よい樹木の香り・・・、それに、なんだかこう・・・あの~どことなくですね、え~、はい、う〇ちの香りも?たぶんほのかにしますねぇ残念ながら(笑)

 

なんだかね~、わかりませんが、たぶん野生動物が本当に多いんでしょうねぇ。 登り始めてこの辺りは本当にしばらくう〇ちのにおいがとてもしました。 地面には時折小型のブービートラップが設置されておりますので、下を見ながら歩いてくださいね。 上の写真でも服助さん、ティンダロスともにちょっと目線が地面です(笑)

 

 

こちらは先を行く音吉さん☆ PCU L5 ソフトシェルジャケットとマルチカムのパンツがナイスな組み合わせ! アースカラーがいいかんじです!

 

 

途中、山あいから富士山が見えました☆ 

 

 

一同立ち止まって、眺めます☆

 

 

 

ちなみにこれに驚きました。 もともと車が入れる道だったのでその時代に設置されたガードレールですが・・・。

 

 

落石ですかね? アメ細工のようにふにゃっと曲がったガードレール・・・。

 

 

パワー オブ 岩石!!

 

 

 

う~ん、テクニカルなハイキングコースではまったくないのだけれど、景色の一つ一つがちょっとゾッとする・・・自然の破壊力と言いますか、落石がゴロゴロ☆

 

 

 

 

水場発見! 地図にも載っておりましたよここ! 

 

 

カブさんが一口飲んで、「うまい!沢の水はやはりうまいですね~!」

 

キンキンに冷えてました!

 

 

そして発見! 錦滝の東屋! 錦滝も日向山山頂も、赤い矢印の方に行ってください! 

 

ここ紛らわしいですが、思わず道なりに黄色い矢印の方に行きかけます。 しかし黄色い方は、違うところに出てしまいますので(笑)

 

 

はい到着~! 錦滝! ここまでの道はとっても楽ちんで、本当にハイキングって感じです☆ 楽しい!

 

 

図解するとこんな感じです! 日向山の山頂へは赤い矢印の方へ進みますよ~!

 

青い矢印に行けば目の前が錦滝!

 

 

みなさんちょいと休憩がてら滝を見に下ります☆

 

 

あら~、なんだか錦滝いいじゃない? マイナスイオン、出てますね~確実に☆ もうう〇ちのにおいはしません(笑)

 

 

とりあえず切りもよいのでここでファッションチェック! こちらカブさん! あちこちの山にアタックされている猛者ですが、今回も日向山の登山に際しましてアドバイスをいただきました、ありがとうございます☆

 

アークのパッカブルアウターをメインに、スポルティバのトレランシューズで固めた全身軽めのスタイル!

 

 

 

バックスタイル!

 

 

トゥルースペック社のマルチカムブーニーハット! 洗いざらして、いい感じの使用感!

 

 

ファントムではトゥースペック社以外にもプロッパー社やクレイプレシジョン社アウトドアリサーチ社のブーニーなど幅広く取り扱っておりますのでお見逃しなく!!

 

 

こちらは音吉さん! 5.11社のキャップにアンダーアーマータクティカルラインのシャツ! タクティカルパフォーマンス社のマルチカムトラウザー! オークリーのパイロットグローブ! 足元はメレルのモアブ ミッドカットで!

 

 

バックパックはファーストスピアー社の ECP(エクセレント サーカムスタンス パック)です!カラーはレンジャーグリーン! 通ですね!

 

NVG(ナイトビジョン)をマウントにつけたままの状態でヘルメットが収納できる背面のスペースが画期的なバックですが、雨などに即応できるようここにはPCU L5 ソフトシェルを格納しております!

 

ご本人いわく、「とにかく見た目がかっこよくて即買いしたバック」といのこと。 普段はアークのバックを愛用しているとのことですが、ファーストスピアーの方はあまり使っていらっしゃらないようで、今日はテストがてらこちらをチョイス!

 

 

ヘビロテしている、オークリーのグローブ!5年以上使っているそうですが、さすがに兵隊に愛用されているアイテムなだけに、なかなかへたりませんね!

 

時計はGショックの5600!

 

 

足元は安定のメレル モアブ ミッドカット ゴアテックス!

 

 

そしてわたくしティンダロス! オークリーのアクセレーターシャツ(直用モデルは去年のモデルです。現行モデルは若干マイチェンしております)トゥルースペック社のマルチカムトラウザー、グローブはメカニクス! 時計はスント エックスランダー! サングラスはオークリーのハーフジャケットです!

 

普段は持って行く無線ですが、今回はそんなに過酷な行程ではないので置いてきました☆

 

 

バックパックはマグフォース社のスーパーファルコン! 雨天に備え、アウトドアリサーチ社のゴアテックス ソンブレロをバックにくくってあります!

 

 

途中軽めの鎖場があるとのことで、安全帯がわりにパーソナルランヤードを組んできました!

 

コンドル社のリガースベルトに、ブラックホーク社のカラビナ(ニュートン表示つき)にタクティカル アサルト ギア社のランヤードです! ジャラジャラかさばる(笑) 

 

 

足元は、メレルのソウトゥース! ゴアではないですが、本日はもしかしたら夕方前から軽度の雨ということで、実際どの程度しみるのか、それとも案外しみないのか、どっちなんだい!って気持ちを試す、いい機会になるかなぁと思いましてですね!

 

 

こちら、服助さん! メカニクスのグローブに、時計はGショックの5600 電波ソーラー! 

 

Teeシャツをよく見ると、高射砲から木が生えて枝葉にヘリや蝶が止まっているという「平和」を考えさせられる前衛的なデザイン(笑)

 

 

 

バック背面にはARMA タクティカルディメンションジャケットをくくってます! バック下部には、ウルトラライトテーブルを! 山頂でのご飯が楽しくなりますねテーブルがあると♪

 

 

 

足元は、メレル モアブ ミッドカット ゴア! ファントムスタッフにも愛用者の多いモデルですが、スニーカーライクの気取らない履き心地で、なんだかんだこれになっちゃうんですよね~(笑) コスパもいいですからね♪

 

 

ということで、全員ちょいちょいマルチカムで迷彩で合わせてチーム感でてます! 日向山の山頂を目指すべく出発! 靴ひもを締めなおします!

 

 

ということで、ちょいとわかりにくいですが赤い矢印の方に進みます! まぁ錦滝までも楽ちんだったし、日向山余裕っしょ?と思っていたら・・・。

 

 

え?! え?! カブさん! 道どこすか?! 

 

ってかいきなりこの傾斜スカ?! 木が横に生えてるのですがこれ登る感じですか?!

 

 

むむ・・・、どーなるマウンテンリーコン?! 次回に続く!

 

 

 

 

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION