ホルモーのダイヤモンドヘッドトレッキング! in ハワイ!

アローハー、ホルモーです。 ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、先日海外初マウンテン・リーコンしてきましたよ~☆ ハワイのダイヤモンドヘッドです!!

ハワイ先住民は「マグロの額」という意味でハワイ語で「レアヒ」(Lēʻahi)と呼んでいるそうなんですが、19世紀にイギリスの水夫たちがこの山を登った時、火口付近の方解石の結晶をダイヤモンドと間違え「ダイヤモンドヘッド」と名付けたといわれています。

いざっ!!出発!!!

火口の内側の駐車場から山頂へは約1kmの道のりで、往復1~2時間程度で登れるそうです。

前半は舗装されている道になっているのですが、突然岩だらけの未舗装の登山路が続きますので、サンダル履きなどは厳しいです。

見渡しても岩と茶色の草木ばかりで、ハワイとは思えない景色が続きます。

途中、見晴らしの良い場所がありましたので、休憩兼ねてパシャリ!!!

日影が無く、1kmの道だし!とナメてジーンズを履いて挑んだ僕がバカでした!!!

狭いトンネルを抜けると、右側にいきなり急勾配の階段が・・・。

20世紀に入り、海を一望できるダイヤモンドヘッドはオアフ島の沿岸防衛に理想的な場所とされ、1904年に連邦政府に買い上げられたそうです。

1908年から1943年まで大砲の砲台などが据え置かれ、軍事要塞化していったそうです。

まぁ~結局1度も使われないまま現在に至ったそうなんですが、ダイヤモンドヘッド頂上まで通る道やトンネルは、この際に作られた資材運搬等の登山道を利用したものなんですって!

階段上にポールが横に何本も確認できると思いますが、当時ギリーネットなどを引っ掛けて階段を隠していたそうなんです。

階段を上りきると、暗~い通路を通ります。スマホのライトでも良いですし、フラッシュライトがあると良いかもしれませんね☆

さらに奥にある螺旋階段を上って、薄暗い廊下を抜けると展望室になります。

そして、すぐに頂上に到着!!!

上の写真は、良く見たことがあると思います☆なので、逆方向(ココヘッド方面)もご紹介しちゃいますね~♪

標高は高くないのですが、海もキレイですし、本当にサイコーでした!!

是非、皆さんもハワイに行ったら登ってみてくださいね~☆

時期にもよりますが、午前中の早い時間に登ることをオススメします!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!!!

MAHALO~☆

ハワイでの実銃射撃の模様はこちら!

recomend

Blog

Category

archive