突然ですが雪山でイグルーを作ってみました!後編!

March 31, 2016

こおんにちわ! ストックを持つミーシャとともに始まりました今回は雪山でイグルーを作っちゃうぞってことで後編でございます! 

 

みなさん改めまして、ファントムマウンテンリーコンのティンダロスでっすよ。

 

米軍のサバイバルマニュアルにのっとり雪山で圧雪ブロック住居「イグルー」をつくる企画!結構無茶しました(笑)

 

今回はその作り方に触れたいと思います! 雪山でのサバイバルテクニックとして、活用の幅があるイグルーですがもともと寒冷地に住むイヌイットの知恵がつまったシェルターハウスなんですね! 快適であたたかいらしいという噂の真相を確かめるべくこれから作っちゃいます! 

 

ちなみに完成まで3時間?くらいかかりました(笑)

 

はいという事でさっそくいきまっせ

 

「イグルーの作り方その① ストックを使ってですね自分を中心にコンパスの要領で円を描きます」

 

くるっとまわってですねだいだい円になりましたん。 そしたら円の内側を踏み固めましょう。 

 

 

「イグルーの作り方その② 円の真ん中に一か所スコップを入れます」

 

 

するとこんなのが見えますよ。雪の層ですね。やみくもにきりだすより層にそって切り出しほうが上質なブロックになりますので、探してみてください。 ここ丈夫なイグルーを作る上でのポイントになりやす。

 

 

「イグルーの作り方その③ スノーソーでブロックを四角く切り出してゆきます」

 

 

ジャン!カブさんが切ります! ブロックになります意外とあっさり。 あとはこのブロックをひたすら一生積んでゆくという、誰にでもできる簡単なお仕事です(笑) 

 

ちなみにスノーソーにこだわらなくても最悪枝を切るのこぎりでもいいんですよ。 ただ重いからちょっと軽さを意識したい雪山での状況では荷物になるかもですが・・・。

 

 

さてここでワンポイントアドバイス。 この日はORのゴアグローブを持ってきているのですが、雪山遊びでまじ役に立つのは実はゴム手(笑) 裏が起毛になっている寒冷所作業用のグローブがいい感じです。 これスーパーで800円くらい? たとえばソーで切れてもダメージ浅いです。 肉体的にも精神的にも。

 

ゴアのグローブ切ったらめっちゃ凹みますからね・・・。 

 

たださすがに長時間はやっぱ不快ですゴムなんで(笑)

 

 

 

 はい積んで積んで積んで積んで積んで・・・ブロックつみつみしてゆくと・・・

 

 

暑いんだな!雪山! 顔に汗が浮き始めてミーシャと記念撮影(笑)  ヒュージャックマンではないですよ、髭もじゃなのは。 ティンダロスですよ念のため。 

 

労働中なこともあり半袖がかなり気持ちいですが、結構日焼けもします。 ブーニーハットみたいなかぶりものがおススメでっせ!

 

 

 

かたちになってきたぜ! 

 

 

ここでワンポイントアドバイスですが、実はブロック、らせん状に積んでいただきたいのです。 

 

斜めに積み上げてゆくことでブロックの自重が内側に傾斜しハマりあうというかハメあう?というか、いわゆる石橋のアーチと同じ構造でがっちりするんですよ。 このらせん状に積み上げてゆくのも頑丈なイグルーを作る上でのポイントになります。 お忘れなく。 

 

 

 

 ってか楽しいけど結構疲れた(笑) ミーシャちゃんごめんね! もう少しでおうちできるから!!

 

 

 

ほらほら、もう僕の胸くらいまで来ているでしょうか高さ?

 

今回3人が寝れるサイズくらいで作ってますが、この大きさになるとですね天板乗せるまで、中で支えてあげないと崩壊してしまうこともありますので、外から積む係りと中で支える係りにわかれましょう。 

 

このまま一人が中に入ったまんまブロックを内側でささえ隙間が空きすぎているメジに雪を詰め内っ側の強度を増すかんじに。

 

 

はいきました! あとは天井のブロックを乗せれば完了!

 

 

こちら内側からの景色♪ メジからやさしくひかりが漏れていい雰囲気。 天井付近はかーーーーなり内側に傾斜してますよ!

 

 

 

天板を乗せて完了! 

 

最後は内側からスノーソーで入口を切り出して・・・

 

 

はい!できた!! 三時間ちょいくらいかかりましたかね! 重労働というほどではないので楽しく作れますが、時間がかかるので遭難した時などの非常用に作るもんではないですね正直(笑) 遭難して簡易的にシェルターが必要ならシンプルに雪洞にした方が良いでしょう。 長い事ステイするならばイグルーおすすめ!

 

なにしろ遮音性がすごい!静かだし中は確かにあたたかく感じられます。 針葉樹林を敷いてグランドシートを引いてサーマレストかなんか広げればけっこうご宿泊いけそう。

 

いや~挑戦してみてよかった。 とりあえずアドバイザーがいたのでわれわれはうまくできましたが、ステップアップの面で勉強になりました。 次回はガチで宿泊したいですね!!

 

 

出口の先が石切り場で一段下がっておりまして、勢いよくでてきたらこけた。

 

 

このままこの石切り場を台所にしちゃったりなんかして次回は、豚ばら肉のコーラ煮をつくりますぜ!! 雪上クッキングです!!

 

 

 

それにしてもなんか、愛着わくわ~このイグルー・・・(笑) 初めてのマイホーム、できました。

 

この企画雑誌「PEACECOMBAT Vol 12」にも掲載されてますのでもしよければご覧になってみてください~☆

 

 

ちなみにこのブログの前編は⇒こちらです!併せてご覧ください♪

 

 

 

動画はこちらですよ♪

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION