SAWANOBORI エピソード1 奥多摩編

June 24, 2016

お久しぶりです!チャリ坊です♪

梅雨で雨が多いこの時期ですが、行ってまいりました沢登り!

 

メンバーはPMRからカブさん、チャリ坊、ホルモーの3人とスペシャルゲストでA.Otakeさんと3104STYLE氏が参加。

3104STYLE氏は、アーティスト集団"81BASTARDS"の一員として活動する映像アーティストでLevi'sやCoors、Jeepなどの企業映像なども撮っており、パリに本社を構えるParrot社よりドローンのサポートも受けている方です。

 

そんな、3104STYLE氏がドローン飛ばしてくれると言うんだから、テンション上がらずにはいられないメンバー!

しかし、前日の天気予報では、雨・・・

わずかな希望に掛けて決行を決めるも、当日起きたら雨が降っているではありませんか。。。

 

一瞬、中止の二文字が頭をよぎりましたが、午後には雲が抜けるんでは!?という事で出発しました。

 

沢登り自体は、多少の雨なら問題無く、いやむしろビショビショになるわけなので、始まってしまえば何にも気になりません。

 

もちろん土砂崩れや増水、鉄砲水には気を付けないといけないので、あまり降っているようなら危険ですが。

 

しかし撮影、しかもドローンとなると雨だと無理ですから、何としても止んでほしかったわけです。

 

 

9:00

ファントム横田店に集合した一行は、一路奥多摩方面へ車を走らせます。

今回は、沢登り初体験のホルモーとドローンを担いで沢を行かないといけない3104STYLE氏を考慮し、安全でイージーな沢を選びました。

 

11:00

現地に着いて着替えを済まし、装備を付けて入渓ポイントへ徒歩で移動。

沢に並行して林道があるので、沢の様子をチェックしながら下流へ。

 

 

11:30

いよいよ沢へ

最初は穏やかな流れの中をざぶざぶ歩いて行きます!

足がヒンヤリして気持ちいい~♪

 

 

 

歩いて直ぐに小さな滝と滝壺が出現

 

 

ここは正面突破でしょ!と足が届かない滝壺を泳いで渡り、滝に取り付きます。

 

 

 

そして、手探りでホールド(つかめそうな岩)を見つけながらしがみ付き、足場を探して登って行きます!

 

 

 

そうこうしていると天気も回復し、いよいよドローンを飛ばしての撮影!

皆テンション上がりまくりで写メ撮ってる(笑)

 

いやいや、撮られるのは皆さんですから!

 

 

 

と、ここで沢登りの装備についてチョット説明

 

濡れて苔の生した所を登る沢登りでは、専用のシューズを履きます。

ソールがフェルトの物とゴムのタイプの2種類あり、今回は皆フェルトのタイプを使っています。

 

また、脛をぶつけたり、小石が靴に入るのを防いでくれるネオプレーンのゲイターは必要!

 

夏でも水の冷たい沢では、体温保持の為、ウエットスーツを着ると快適♪

 

そして、ウエットがすれて痛まないように、ウエットの上から、パンツをはいたりジャケットを羽織ったりしています。

 

チャリ坊とA.Otakeさんはこの日、新しくSUBDUEDから発売となるAnura shortsという水陸両用のショーツを履いていたのですが、

ストレッチの効いた軽量生地で速乾性もあり、ポケットいっぱいあってとても調子良かったです☆

 

それと、同じくSUBDUEDのCurrentハットもヘルメットの下に着用しましたが、こちらも最高!

水捌けが良いので泳いだり、飛び込んで水に沈んだりしても快適な被り心地でしたね~

滝を登る際に、軽い水飛沫はツバで止めてくれますし♪

 

 

ホルモーは、最新のA-TACS ix迷彩を使ったARMAのディメンションパンツを穿いて参加!

 

この新型迷彩、恐ろしく夏の森に溶け込んでました!!

 

 

あとは安全面でヘルメットとハーネスは必要ですね~

一度、ホルモーが滝を登っている時足を滑らせ、背中から落ちて行きましたが、ヘルメットとバックパックがクッションになって事なきを得ました。

 

今回は使う事はありませんでしたが、ハーネスとカラビナ、スリング、ATC、ロープ、ハーケン、ハンマーなどは、危険箇所でのビレイや懸垂下降をする際などに必要なアイテムです。(※しっかりとした知識と経験が必要

 

ルートによっては、これらのギアが必要ですし、沢は山の中で支流もあったりして迷いますので、遡行図や地形図、コンパスにGPSなどは必要になります。

 

バックパックは、ある程度しっかりしていれば何でもいいですが、ホルモーが背負っているような完全に防水の物は中の物が濡れず、フローター代わりにもなります。

普通のバックパックを使う際は水抜き穴が空いている物が良いです。

 

中に水が溜まり、とんでもない重さで背中に圧し掛かってきますので(笑)

 

その他、食料や水はもちろん必要ですので、各自持って行く感じですね!

 

 

 

 

15:00

さて、そんなこんなで滝をクリアーして行き、飛び込みポイントではしゃいでみたりしながらゴールに設定していた大きい滝に到着!

 

いっぱい遊んでお腹も減ったので、お楽しみのランチタイム♪

 

マウンテンリーコンと言えばバウルー、バウルーと言えばマウンテンリーコンですね!

 

この日は三種のチーズとハンバーグのバウルーサンド! おいしかったです!

 

 

 

ここでもドローンを飛ばして撮影!

 

 

 

 

ホットサンドと温かいスープでおなかを満たし、マイナスイオン出まくりの滝に癒され、最高の一日でした☆

さて、エピソード2はどこの沢へ行こうかな?

 

 

Special thanks

 

Movie- 3104STYLE

Music- nov semilong

 

WEST ROCK

http://www.westrock-climbing.com/

いつもお世話になっている調布と府中にあるクライミングジムです。

沢道具のレンタルがセットで1080円!!安すぎます(笑)

沢登りツアーなどもアリ。

 

 

 

 

 

動画はこちら! ドローンの空撮圧巻です!

 

 

 

 

おまけ☆

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION