ミリタリー登山「木曽駒ヶ岳編」 その2!

August 4, 2016

こんにてぃわん!ティンダロスです! 先日行ってまいりましたミリタリー登山、木曽駒ヶ岳編です!梅雨時、3秒おきに天気がかわる気難しい2955mのフィールドでミリタリー登山してきましたのでレポート!

 

 

続きになっておりますのでご覧になられていない方はその1から是非。

 

 

 

この企画なのですが雑誌PEACECOMBATさんのVOL14 155ページにてコラムになっておりますので併せてごらんになってみてくださーいぃ。

 

ということで最初のチェックポイント「乗越浄土」を目指すべく、要所要所

の写真をとりながら登山中です。

 

 

 

A-TACS iXの緑地での迷彩効果なかなかいいですね! 2900mの高地なだけにとんがった輪郭の植生で、A-TACS FGのような丸みのある迷彩より、iXのようにエッジのある迷彩がかなり映えますな!

 

しかもiXは緑だけというわけではなく、地表を意識したようなサンド系のカラ―も含んでますので、岩肌&緑地にはかなりの親和性があるように感じましたよ! サロモンのシューズとの配色もバッチリ!

 

 

というか、この地形であればタイガーも?実際悪くなさそう?

 

 

 

 

という事で第一チェックポイントに到着!

 

ここが最初の尾根になりますね! 本来であれば絶景が拝めるのですが、コラムの締め切りもあるので梅雨時のロケとなり、何ともまぁ・・・ガスりまくりでガス!

 

 

 

しかも、尾根に上がった瞬間から超絶強風&ヒンヤリ・・・

 

あわててパタゴニアのL4 ウィンドシェル(放出のやべぇレアなやつ)を急いで着るむっちょさん☆ 

 

 

 

「うぉっ、なん・・・くわ!」  バタバタバタ

 

 

 

 「ちょまっ・・・」  バタバタバタ

 

 

 

「うがー!!」  バタバタバタ

 

 突風がすごいのなんの。

 

 

 

 

しかも 「ちょーーーーーさみぃぃぃぃ!!」  

 

顔ひきつるよな寒さ。 こちらもあわてて、サブデュードのグリフィンジャケットを装着するティンダロス。 裏フリースの撥水ソフトシェルで防寒性も確保!

 

 

「風やばいねぇ!」  状況が過酷になると自然と笑顔がこぼれるカブさん 笑

 

軽量小型に収納できるサブデュードの556ジャケットを着用してますが風が強すぎてバタバタ!

 

 

 

 

一応持ってきておいた、クリプテックのハイランダーバラクラバも装着! 

 

あたたかい! 持ってきておいてよかったです。 使わないかもしれないけど「備える美学」というか、一応持って行こうかなって感じも込みでこの手の準備って楽しかったりしますよね。 しかも役立った時ってうれしいですよ、俺ナイス!みたいな??

 

ブラックホークダウンでもナイトビジョンのくだりありますからね(笑) いらないと高を括っていたものが生命を分けるわけですから・・・ 

 

 

 

引き続き、重厚な濃霧(笑) はぐれないように気を付けてください。 あと道間違えないように気を付けてください。

 

 

 

 

少しすすんだら中岳に到着しますよ! 

 

 

 

特に何もないのですが、ごつごつした岩場が山頂になってますので・・・。 

 

 

 

せっかくだからiXを着てきたらここで写真を撮りましょう(笑) 重い雲の感じと相まって、グレーの岩場と深緑が馴染みます。

 

どうだ!A-TACS iX!

 

 

 

とおもったら、急に晴れた! テンションあがってわたくしも「撮って!撮って!馴染んでる?ハイランダちゃん馴染んでますぅ?!」と興奮気味に。

 

んま、特に・・・馴染んではないですかね(笑) グレーには弱いです、ハイランダーさん☆

 

 

 

しかも3秒でまた曇った(笑) 

 

 

やむなくさっさと中岳を後にして、すぐお隣にそびえる木曽駒ヶ岳を目指します。 ガールズ ネクスト ドア ならぬ、お山ウンテン ネクスト ドア的な。 下って登ったらすぐ木曽駒ヶ岳ですよ、ホントお隣さんなんだから。

 

 

 

これ中岳ね! いま下ってきたらまた晴れたので慌てて写真を撮る!

 

 

 

 

下りたとこは開けていて、テント張ってる人も何人かいました。 

 

 

 

 

そしてこれから登る駒ヶ岳。 ズッドーーーーーン!って感じですね。 この写真でいうところの左側に、上に登ってゆく道ありますから。

 

 

 

 

なんて親切! ブンダバー!

 

あ、ドイツ語で素晴らしぃ!的なやつです。 

 

 

 

ずいずい登ってゆきますよ。 もうすぐ山頂ですから。 傾斜はめちゃめちゃきついというわけではなく、楽しく登れます。 携帯酸素缶持って行ってましたが高山病も特になかったですね!

 

 

 

はいきた山頂! ガスってるな~!ちっきしょ~!

 

 

 

と思ったら一瞬晴れた! でも景色見えず(涙)

 

 

 

むっちょさんもすぐ到着!  「風、っぱねぇ・・・!」

 

 

 

せっかくなのでスランバージャック君を撮影

 

軽くていいバックパックでしたよ。 新進気鋭ショットショーでお目見えしてたしか2、3年足らずだった気がしますが、当時流通の少なかったハイランダーで構成されたアイテムが多くてですねこのブランド、気になってました。

 

 

当時はクリプテックかキファルくらいしかこの柄のバックパックなかったのですよ。 高くてね~・・・。

 

 

スランバージャックはハンティングのラインが多いのですが、意外と1~2万円の価格帯で買えるリーズナブルなものも多く、普通にトレッキングや登山、もちろんタウンユースもいけます。

 

同社からはキャンプ&ハンティングのハイエンドユーザーに向けたクリプテック ハイランダー柄のタープなどもリリースされており、マニア心をくすぐります(笑)

 

 

 

 

 

本当は山頂で昼ごはん食べる予定でしたが・・・風強すぎて撤退。 ランチタイムまでの間、クリフバーで小腹を満たします。 ギチギチッとした食感ですが、程よい噛みごたえでなかなか食べた時の満足感があってですね、リーコンクルーは良く持って行きますよアウトドアに。

 

 

 

うん、うまいうまい、普通に一生食える味です(笑) 濃縮系パフォーマンス山フードって食べなれてないと、濃密な味に体がびっくりするのか、へたすると体調悪くなってしまったりしますが、クリフバーはいわゆる、ボリューミーなクッキーみたいな?感じなので、普通に老若男女召し上がれると思いますよ。

 

ちなみにホワイトチョコ&マカダミアナッツおすすめの味っす☆

 

 

 

 

という事で来た道戻ります。

 

 

 

中岳に向けてまた登ります。 このあと若干雲がなくなってですね、「見ろ!人がゴ〇のようなんちゃら~!」てな具合でいい感じに下界を見下ろせるくらいまで天候回復しました! 次回いよいよフィナーレです! このあと行った宝剣岳地獄でした・・・! お楽しみに!

 

 

その3はこちら!

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION