モーラナイフの新作おススメ入荷!

August 15, 2016

こんにちわティンダロスです! 本日のご紹介はモーラナイフの新作!

 

最近なにかとメディアや雑誌で取り上げられるモーラナイフですが、スウェーデンのメーカーさんですね~☆

 

べつに最近できたメーカーではなく、厳密には創業125年くらいの歴史がある老舗刃物メーカーなんです。

 

だからと言って、マイクロテックやブレードテックのようにスーパーお高いナイフを作っているわけではなく、実用に優れた上コスパが良いのでお財布に優しいという素敵なナイフを作っているんです。

 

 

 

 

ファントムでも取り扱いのあるナイフなのですが、一番人気はなんといってもこれ↓↓↓↓

ナイフのエンド部にファイヤースターターが内蔵された「LMF ファイヤーナイフ」です。 厳密にはモーラ社とライトマイファイヤー社のダブルネームアイテムでしてLMFのホームページでしか商品明記はないのですが、ここのナイフはモーラのブレードですよ。 

 

マウンテンリーコンでもテストしましたが、とにかく良く切れる。 その上多少雑に扱っても、ブレードの切れ味が変わらず感心しました。 ステンレスなのでメンテナンスも楽ですし、とにかくアウトドア用のマルチパーパスナイフをさがしているという方には絶対お勧めです。 カラバリも豊富ですよん。 

 

Light My Fire ファイヤーナイフ 

 

ちょっと専門的なことを言うと、ブレードの埋め込みはグリップの途中までで溶着するナロータング方式ですので、基本的なナイフの作業であれば大丈夫ですがあまり荒々しい作業には不向きです。

 

 

 

 

そして今回の真打ちがこちら。荒々しい作業もできるフルタングモデル↓↓↓↓

モーラ ガーバーグです。 ブッシュクラフトナイフとして、値段&性能の面でかなり良いと思います。刃厚は3.2mmもありしかもステンレスですのでメンテナンスも楽ちん。 

 

 

このタイプのブレードでスウェーデン軍に納品しているモデルもあり、実績という面では申し分ないでしょう!

スウェーデンカモのおねーさんの脇に装備されているのもモーラナイフ。

 

ガーバーグはこのあたりの納品・使用実績を経て発表されたあたらしいモデルです。

 

以前のモデルにはなかった構造なのですが、やはりまずはフルタングという事ですよね。 ハードな作業ができます。 そして秀逸なのがシース。 ミニマルなデザインのシースなのですが左右両ききに設計されており、しかもブレードの向きに関係なく収納できるんです。

 

アメリカであればいわゆるダガー(日本では禁止になりました)用のシースって構造上左右対称なのでブレードの向きに関係なく収納できるのですが、このガーバーグ マルチマウントは片刃なのにそれを可能にした新発想☆

 

シースが左右対称でしょ?? これは画期的ですね~、感心しました。 この辺りはさすがのスカンジナビアンデザインとでも言いましょうか。

 

左右に差し替えるストラップも簡単かつ合理的な構造なので、ユーザーフレンドリーですね! マウンテンリーコンではまだテストしてませんが、まぁ発売からすぐ世界中に愛用者のいるナイフですので(笑)

 

ガシガシ使えてメンテも楽!キャンプ、アウトドア、ブッシュクラフトなどなど多目的に使え、買って損なしのナイフです!

 

 

MORAKNIV ガーバーグ マルチマウント

 

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION