トルク再入荷!秋冬狙い目のライトだ!

October 19, 2016

ラスベガスショットショーでも出展しておりました「ファーストライト」社の「トルク」が再入荷です!

 

 

 

 

人口工学に基づいた、快適なホールド感とそのジャストな性能から、前回はあっという間に完売になってしまいブログに載せる時間がありませんでした(笑)

 

 

 

いわゆる90度の首を持つ「アングルライト」にカテゴリされるライトですね! 一直線の筒型ライトに比べ、長時間持つにはアングルライトの方が手首に負担がかからないとされてますね。 

 

 

 

 

胸のポケットやカバンのストラップにクリップをひっかっければハンズフリーで前方を照らせますし! 首が回る構造なので、側面のクリップの位置に関係なく正面に光を向けられます! しかもこのクリップ、左右で付け替えが出来ます。

 

 

 

 

底面の蓋はこんな感じ☆ このままクリップをスライドして引き抜くと逆サイドにアタッチできちゃう。

 

 

単三電池×2本で動きますので経済的ですよ! しかも155ルーメンで、ランタイム10時間あるんです。 頼もしいなおい(笑) 

 

一番明るいMAXモードで155ルーメン(10時間)、ハイモードで114ルーメン(10時間45分)、ミドルモードで18ルーメン(33時間)、ロウモードで2ルーメン(152時間)、といった感じの切り替えもできますで!

 

 

コスパもさることながら、有事に手配しやすい単三電池ってのもポイント高いですよね。

 

 

 

ベゼルには赤、緑、青のサブライトが内蔵されておりますよ!状況に合わせて使い分けできちゃいます!

状況ってなんや!?という疑問をお持ちのあなた!

 

お教えしちゃいましょう!

 

赤ね、これはね、あまり遠くまで届かない色味なので、夜間に赤色ライトで地図とか見ると敵など他の人にばれにくいんですね! さらに夜間用に順応したおめめで白いライトみるとそりゃ明るいですが明りを消した後ですね、目が再び暗順応するまで時間がかかりますね~。それを防ぐ事が出来ますだ。暗闇では赤いライトでもの見ましょう。

 

そして緑ね、これは最近アメリカのナイトハンティングでよくグリーンライトが使われてますが、照らされた獲物が怯えない、逃げないというのだそう。 角度にもよるそうですが白で照らすより断然逃げない(緑の明りに気づかない?)らしく重宝されてるそうですよ!

 

最後に青ね、これは夜間、傷を負った獲物のトラッキングに使われるようです。 地面に落ちた血を発見しやすくなるのだそう。 やったことはないけど本当かな? いわゆるアメリカのビックゲーム(クマさんとかの猟)は漁獲枠ならぬハンティング枠が決まっていて、さらには手負いの状態にしてはいけないルールがあったりして、仕留めきらなきゃいけないですね~。 だもんでトラッキングするために青が重宝するようです。

 

 

色は2色ありまして、砂漠に展開する軍のようなイメージのカーキと、ポリスやFBIなど都会派をイメージしたようなチャコールがございますでお好みで!

 

アウトドアや登山はもちろんですが、バイクでのツーリングや自転車、持ち出したくなるナイスなデザイン!もちろん毎日持ち歩いてもOK!暗がりできっと役に立つと思いますよ!

 

カーキが人気ですが、個人的には最近愛用している黒いミステリーランチとの相性が良いチャコールが好きですね(笑)

 

 

 

FIRST LIGHT TORQ 

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION