SUBDUED ロードトリップ2016夏 岐阜~富山~新潟ツアー DAY4

September 29, 2016

SUBDUED ロードトリップ2016夏

岐阜~富山~新潟ツアー

 

― Day 4 ―

 

DAY3は、わりと早く小出付近へ出れたので、チョット南下して六日町へ

冬に良く行く温泉とラーメン屋さんへ行き、また小出まで戻って、『道の駅 ゆのたに』で就寝。

明けてDAY4

朝から気持ちの良い青空です♪

ちょっとお疲れモードだったので、ゆっくり身支度をして出発。

この日のスケジュールは、銀山平でテンカラです。

※テンカラ=竿にラインと毛ばりのみという、日本発祥のシンプルな釣りスタイル。

 

シルバーラインという長いトンネルを抜けて、奥只見スキー場へ行く途中でトンネルを出るT字路があり、そこを出ると銀山平。

このシルバーラインは、豪雪地帯の為、厳冬期は積雪6mにもなるので、通行止めになり奥只見スキー場は、シーズン初めとシーズン終わりにしか滑れないスキー場なんです。

でも、5月のGW頃でも雪が十分にあり、気持ちよく滑れるので20代の頃から、毎年滑りに行っていました。

そして、途中の銀山平もリフトなどは無いですが、雪が豊富な為GWに友達と毎年ジャンプ台を作って遊んだりしている場所です。

シルバーラインのトンネルは、所々岩を削ったままのゴリゴリした壁もあり、天井からは水滴が垂れてくる、ワイルドなトンネルです。

 

銀山平へトンネルを抜け、奥只見湖のほとりの駐車場に車を止めました。

この奥只見湖は、大物のサクラマス・ヤマメ・イワナが釣れる事で有名。

今回は、奥只見湖に流れ込む中荒沢を遡行して釣って行きました。

先ずは、近くの宿などで 遊漁券が売っていますので購入1050円也。

銀山平キャンプ場を抜け、しばらくは林道を進みます。

前に見えているのは荒沢岳でしょうか。

八月の後半でも雪渓が残っていますね。

あとから銀山平キャンプ場の人に聞いたら

「今年は雪がすごく少なかったからあれだけだけど、例年はもっと雪が残っていて沢の水も冷たいよ。」と教えてくれました。

そして途中の橋から入渓、平日という事もあり誰もいません。

しかし、熊は居るかもしれませんので、時々手を叩いて大きな音を出して警戒します。

今年の夏は山梨のほうで、体長190cmはあろうかという熊に、約15mの距離で出くわしていますので、山に行く時は、熊が居る前提で警戒する事に決めています。

 銀山平にある宿では、玄関に水槽があり、巨大な尺イワナ達が!

こんなのを釣ろうと意気込んでいましたが・・・

この日は、小さいサイズしか釣る事ができませんでした。

ある程度進むと沢の幅も狭まりましたので、ここら辺でUターン。

大きな岩魚は釣れませんでしたが、綺麗な渓流の景色に癒されました。

この日も、もちろんパンツはANURAショーツ。

ファスナー式のカーゴポケットには、虫よけを入れてます・

某メーカーの虫よけに見えますが、中身はハッカ油とエタノール、精製水で作った自作です。

沢でブヨに刺されることが多かったので、最近はこれを愛用しています。

安上がりですし、よく効きますよ♪

下山途中、お腹もすいたのでランチタイムです。

水はほとんど持たずに、SAWYERで沢の水を浄水するスタイルだと、荷物が軽くて嵩張らず便利ですね。

この日のメニューは、インスタントのなめこ汁とバウルーで焼いたヨモギ餅♪

流石新潟です!お餅が美味い!!

駐車場まで戻ってきて、びしょぬれのサワグツなどを乾かしている間にひとっ風呂!

銀山平キャンプ場にある、かもしかの湯へ♪

誰もいなくて貸切でのんびり入浴です。

お風呂上がりは、キャンプ場でハンモックを張って涼みました。

この旅でHENNESSY HAMMOCKは、設営・撤収も簡単で本当に重宝しました。

緑を見ながらハンモックに揺られている時間は、贅沢なひとときですね。

風が本当に気持ちいいです。

まあ、大物は釣れませんでしたが楽しい4日目でした。

そして銀山平キャンプ場が、すごく良い場所で気に入りました!

来年は、マウンテンリーコンでキャンプしたりするのに良いかもですね。

 

最終日へ続く・・・

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION