最近の熊は年中無休!山で身を守るにはコレ!

May 25, 2017

こんにきち、ティンダロスです。

 

最近入荷して、結構売れている、クマ撃退スプレーです。

 

山によく行く方こそこれの重要性をわかっていらっしゃるのではないでしょうか?

 

これ唯一無二なんですよね、日本でクマーンに対抗しうる武器として。

 

知り合いが山でツキノワグマーンに遭遇した話を聞いて(彼は無事でした)、自分も入山する際には必ず携帯してます。

 

なぜなら、クマーンまじやべぁ奴なんですから。

 

死んだふりは効かないし、火も効かない、大きい音出てもちょいと驚くくらい、鼻もなかなかいいし、知能は犬とサルの間くらい、脚は速いし、木も登る、水もなんのそのって充実しすぎだろアビリティがよぉ?!

 

さらにデカくて、マッチョで、人間の親指みたいな牙生えてて、足にはワンスイングでズタズタになりそうな爪がびっしり。 グリズリーサイズになると、いやこれヴェロキラプトルなんじゃないかレベルの爪を装備してるわけです。

 

範馬勇次郎でもない限り、ステゴロでクマーンとは戦えません。

 

もし鉢合わせたら、正対したままそっと後ずさりをして、姿が見えなくなったら「自分の人生でこんなに速く走ったことないわ」くらいダッシュして逃げましょう。

 

鉢合わせた瞬間にビビってダッシュすると、クマーンが追いかけてくるそうです。 背中を見せて逃げる物を追いかけてしまいたくなる生粋のジャイアン体質なので、ガンダッシュするのは見えなくなってからです。多少膠着したらもう思い切って、バックパックを熊近くに投げて注意をそちらに引かせる&その隙に逃げる、みたいなね。

 

そして、それでも追いかけられてしまったら・・・

 

え?死んだふり?

 

ではなく、実際に襲われて生還した方の話を聞くに、積極的応戦をした方々が多く生き延びていらっしゃるのですね。

 

傘があれば広げて威嚇する、ストックでつっつく、割と大きめの石を投げつける、大声を出してむしろ迫ってゆく(←これとかw 海外の動画ではこれで事なきを得ている人もいましたね)、みたいな作業を経て結局・・・

 

それでも襲われたら、まじ殴り返す♪ がファイナルアンサーです。

 

マウントポジションで抑えこまれ、どんなにあなたが不利でもボコスコにグーパンを注入してやりましょう!

 

てめぇ!ざけんな!サノバビッチめ!とか汚い言葉を吐いて一発一発がクライマックスだと思って殴ってください!

 

フィクスドブレードの頑丈なブッシュクラフトナイフなどがあればなお良しです!渾身の力で顔面周りをじゃんじゃんバリバリ切りつけます!

 

日頃からの鍛錬がめちゃものを言いますのでジムには必ず通ってくださいね!黄金の肉体をゲットしておいてください!

 

あと、ちゃんと切れるそこそこ良いブランドのナイフも用意して、入山する際には携帯しましょう!

 

これで解決です!

 

「むしろ熊待ちなんだけどオレ」くらいのコンディションに持って行けたら、もう、本日ご紹介の商品はあなたには必要ありません。

 

 

 

ただジム通いもめんどくさいし、体力もあんまない、ナイフも持ってないしナイフワークも自信がない、なんなら、二日酔いもひどいし、虫歯も治療に行かなきゃ、あと明日会議だ・・・といったことで頭いっぱいの、THE 現代人らしい生活をされている方にこそ、カウンターアソールト熊スプレーです!

 

長く入山する際には是非! 持っていれば絶対安心! 撒きゃ助かりますw マウント取られることもありあません。

 

値段高いように感じるかもしれませんが、僕が携帯しているのは50g入りで5mの距離で6秒噴射のスペックで7000円位しましたが、こちらは380gで、11m近い噴射距離&9秒近く出ますから、この値段は回りまわってお得なんじゃないかな? 僕が試しに取り寄せたものに比べ、このボリュウムはかなり頼もしいかと・・・6秒で当てるのと9秒で当てるのって後者の方が確実ですよねw 買い換えようかしらw

 

最近のクマーンは冬眠しない年中無休スタイルの方もいらっしゃるそうですので、是非ご検討ください。

 

 

カウンターアソールト ストロンガー 熊よけスプレー 

 

 

 ちなみにアメリカではS&Wから最強マグナム弾をつかうM500のエマージェンシーリボルバーが発売されてます。

 

大型の熊などを狙うビックゲームハンティングで撃ち損じて、襲われた場合にライフルを捨て撃ち放つ対熊用護身マグナムです。 もともとシリンダー含めかなりでかい銃なので銃身はぎりぎりまで切り詰めてあります。

 

ただこれ、M500リボルバー自体が「人体の限界に迫るスペック」って注意書きが書かれてメーカーから発売されていたのに、さらにこんな切り詰めたら、反動やばくてもう銃を撃った方も無事じゃいられないようなw

 

ハイパー道楽さんの実銃射撃レポート貼っておきますので是非ご覧になってみてください♪ 肩逝っちゃうレベルで笑えますw 0:53がやばいです・・・。

 

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION