挑戦!ミリタリースタイルで沢登り!後編!

July 31, 2017

みなさん、沢登りという最高にドープな遊びを、ご存知でしょうか☆

 

渓流を登るというそれはそれはシャケも真っ青のアクティビティ「沢登り」に、今回はミリタリー装備で挑戦してきましたよ!

 

普段は入れない峡谷をジャブジャブ進むと、登山道からは決して見ることのできないワイルドな景色に出会いますぜ!

 

ウェットスーツを着用して、山深い沢を上流へひたすら進んでいくのですが、この季節にほどよくひんやりして気持ちいいのです!

 

沢の深さは足首くらいまでのものもあれば、立ち泳ぎで進んでいかないといけないエリアもあったり、さらにさらに岩も登りますから、ロッククライミングと川遊びが一緒になったような感じと言えば伝わるでしょうかね?

 

なかなかアドレナリン出ますよ!自然との一体感を味わえました( ゚∀゚)

 

渓流の深みに入ればバックパックの中身はだいたい水没するのでドライザックやジップロックに入れ、厳重防水で行きましょうね(笑)

 

ゴール地点では暖をとりつつトウモロコシを焼いて食べたのですが、うまかった!

 

そんなこんなでダイジェスト版が雑誌「PEACECOMBAT 20」でコラムになっているのですが、こちらのブログではフルバージョンでお写真載せてゆきたいと思っておりますので、お付き合いくださいまし!よろしくお願いいたしまーす!

 

という事で後編始まりますぜ!

 

水深の深いところが増えてきました!底が見えない場所もありなかなかスリル! 

 

この写真好きですわたし! ざばーっとした感じで!

 

むっちょさんのバックは完全防水なので問題ないですが、バックパックが水を吸って、水面から上がる際になかなか重くなるんですよ!

 

ドレンの機能がないバックはきゃなり不利になりますので、沢登りに行く際には底面にドレンホールがあるバックを持って行きましょう! 

 

 隙間に手を突っ込んで踏ん張り、足掛かりを探してます! あとA-TACS iX迷彩の馴染み方がなかなか素敵でした。

 

こういうところで突っ張って上がってゆく際にかばんの重さを如実に感じるんですよw

 

ミステリーランチの1DAYアサルトは底部にドレンホールがあるので排水はかなり早いのですがそれでも重さを感じます!

 

これがじわりじわりと腕や手くびの負担を増してくのですね!

 

危ないところでは、ロープを出してベテラン先輩方にビレイしてもらいます! チームワークですね! 

 

ってかカブさんいい顔!

 

本日のベテランお二方は奇しくもプロテックヘルメット(つや消し)という・・・ロープワークの講習も受けてるので、スルスルロープを巻き上げてゆくのですが、手練れ感はまじで、Dボーイスでしたよホント。

 

この人たち見てるだけで、プロテックのメットほしくなりましたw 

 

ここの先には、結構な傾斜?も・・・アドレナリン出ているからかあまり気になりませんw

 

三点支持で、一歩一歩、確実に登ってゆきます。 

 

アスレチック感やばいですw 楽しい! 

 

という事で、最後の、とい状の滝! ココを登ればゴール! 水しぶきが男前になるチャレンジスポットです!

 

笑顔で進むカブさんをしり目に・・・。 

 

んーーーーーーーーーーまじかぁーーーーーーーって表情のティンダロス、むっちょ、服助さんw 

 

だって、こんななんですものw 

 

 ひょうひょうと登り切ったカブさんを見て、「俺も行くぜ!」と一人一人登ってゆきます。

 

ステミング(四つ手)で、思い切り突っ張って登ってゆきますよ! 

 

ココ登るときに、アドレナリン出たのわかりましたよ本当に!

 

自分の番になって、「っしゃいくべ」って腹が決まった時に、沢の寒さが体からみるみる引いて、頭がスーッとクリアになったんですw 

 

 イヤー!登り切ったぜ!

 

 ここはウォータースライダーになりますぜ!滑れる!

 

ゴールして荷ほどきして、腰かけたら、とりあえず意外と疲れた…w

 

緊張がぬけ、顔が土色w

 

PT トレーニングヘルメットいい感じでしたよん。 ミリスタイルアウトドアにおすすめっす。訓練用とはいえ実物ですし、質感も良いです。

 

体も冷えるので、着替えて火起こしだ! 3人で分担して、火種&小枝&太めの薪を集めてゆきます。

 

火種担当のむっちょさん。

 

そして、これ、トウモロコシを焼きモロこしに処します! 皮をむいてゆきます! 

 

串はその辺の枝で作ったw

 

 まぁ五人もいれば刃物いっぱいありますからねw なんでもできます!

 

倒木で薪を作るちチャリ坊さん! モーラナイフのフルタングモデル「ガーバーグ」を使って、バトニングでがしがし割ってゆきます!

 

チャリ坊さんの足元はバスクのジャクストに衣替え♪ 万能アプローチシューズですね!

 

わたしもご飯の用意しようかな。 カップ麺台湾風かレトルトバターチキンカレー食べようかと。 

 

 とりあえず水を汲む。 レトルトを湯せんに処してやろうかな~・・・。

 

ステンレスキャンティーンカップ便利ですよん、ミリテイストアウトドアに映えます。

 

 そうこうするうちに、トウモロコシがセットされました!

 

お醤油で味付け!  火がちょいと高いのでステンレスキャンティーンカップにアルミゴトクをつけてわきに放置します。 

 

しばらく焼いたらいい色! いただきマース! うみぇーーー! 

 

はふはふしながら頂きます!

 

「うまいね~!」とうなってしまうw 

 

わきで放置していた、私のご飯もできました! 

 

うまそうや! 

 

 外で食べるとおいしいね!

 

 

ついでに、シシャモをあぶるカブさんw 

 

カブさんのアウターはパッカブルで携帯しやすいサブデュードの556ジャケットですよん。ちょっと寒いときなどに羽織れるので便利でごわす。

 

M4のマガジンサイズとほぼ同じになるギミックです。 

 

ご好評につき、今欠品中なのですが、九月にバージョンアップして入荷予定ですよん!

 

下山は山道を歩くので、アプリーチシューズが必要なのですが、むっちょさんはスニーカーライクで履けるラロのゾディアックリーコンを持ってきました。 

 

ファントムでも人気の靴です。 もともとシールズにいた隊員たちが立ち上げたブランドなので、そのあたりのバックストーリーもなんかミリタリー好きには刺さりますよね。

 

ティンダロスのメカニクス Mパクト3! もともとバイクに乗るときに使っていたのですが、ドカのクラッチ握りこむとナックルガードのヘリが内側で当たってまれに痛くてですねw 長い事乗ってるとこの小さな痛みの繰り返しがジワリと蓄積されてなかなかストレスになるんですね~。

 

握り込むアクションがちょっと私の手と相性良く無かったのでアウトドア用にしちゃいました。 物自体はかなりハードなグローブなので防御力高めで頼もしいです!

 

バイク用は結局柔らかいタッチのメカニクス オリジナルを買い直しましたよw

 

なんだかんだメカニクス好きw

 

ということで、いかがでしたでしょうか?

 

夏こそ挑戦してみたいアクティビティですね!装備のレンタルやツアーなども開催されてますので、挑戦する価値ありですぜ!

 

ちなみに、初心者さんだけで入渓されると、とても厄介かつ重篤な(溺れる→意識不明、頭をぶつける→意識不明、うっかり落ちて全身を強打する→意識不明、みたいな)ケースの状態で、遭難したりもあり得るので、必ず、経験者&インストラクター的な立ち位置の方と同伴で遊んでくださいね♪

 

沢登りのオススメルートガイドブックみたいなものもありますよ!

そこがクリアになると、めっちゃ楽しいです!

 

拝読ありがとうございました!

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION