特集!夏の必需品キャップ!さりげなくミリタリーを主張できるオススメのご紹介!

こんにちわ!ティンダロスです!暑いですね!

ってなわけで、キャップ特集なんていかがでしょうか??

ただし、つらつら文字を書いても面白くないので今回はちょっと個人的にグラフを作ってみました。 それぞれキャップたちに、☆の5段階評価を付けましたよん。

①ミリタリー好きです度→被った本人が周りに発してしまう「私ミリタリー物が好きなんです!」というアピールの具合ですね。星が多ければ多いほど、ミリタリー好きのオーラを発してしまいますよって感じですかね!

②普段使いできる度→一応ミリタリーにまつわるキャップなわけですが、街でも問題なく使えるのかってとこですよね。星が多ければ多いほど街に溶け込むファッションピースになりますぜ!

③アイテムのマニアック度→そのアイテムがどの程度レアなアイテムなのかを表してます。星が多いほど珍品アイテムってことです!

①は被った本人がどうみられるのか。おしゃれと言われるか、ひそひそ後ろ指を指されるかのせめぎあい!

②はいわゆるそのアイテムがどう自分のライフスタイルに溶けみ価値を見出してくれるのかってなとこですね!

③はそのアイテム自体がマーケット的にどういう立ち位置なのか?を分析している、といった具合です。

状況に対する適応性みたいなグラフなので、星が多い少ないが商品の良しあしに直結するグラフではないのですが(笑)

まぁあの全くの主観なのでもう、雰囲気200%ですがまぁ行ってみましょう!

元米軍特殊部隊員が立ち上げたことでお馴染みのタクティカルギアブランド「ブラックホーク」のシンプルなブランドロゴキャップ!

特殊部隊装備にもPMCっぽい雰囲気にも仕上げられる万能キャップですね!

背面には金属製のアジャスターがついており質感も良好ですよ!ちゃんと作ってある感じが伝わるかと!

ということで気になるグラフですが、さすがにロービジュアルな作りなので、ミリタリー好きという雰囲気は微塵も感じさせませんね!日常使いも問題ないですが、わかる人にはわかっちゃうので、☆4つ!ODのカラ―もありますよ。

マニアック度は普通ですが、実は本国のラインナップからは外れており、いわゆる「旧作」扱いです。 今の在庫がなくなりますと、今後はこのシンプルなロゴのモデルは買えなくなる可能性が高いのでご留意ください!

被った時の印象ですが、浅すぎず深すぎずで良い感じです。 気持ち少しだけ浅いかもしれません。

こちらはスポーツブランド「アンダーアーマー」のタクティカルラインのキャップ!前面のパネルパッチもサイドのUSフラッグもブラックアウトされた「真っ黒いUAキャップ」ですね。

背面のベルクロアジャスターにもパッチを貼るスペースが設けられとりゃんす!

パッと見はもう「ただのアンダーアーマーキャップ」にしか見えませんので、まさかこれをかぶっている貴方が「ゴリゴリのミリタリー好き」だとは全く感じさせませんね!普段使いもガンガンできます!ただよくよく見れば、ブラックアウトされてますからねロゴからなにから、ちょっと「普通じゃない」オーラは一応放っているのですが!

ちなみになかなかのレアアイテムでして、あまり入荷がないキャップですので、マニアック度はMAXの☆5つ!

被った時の深さですが、浅すぎず深すぎずで非常に良い感じです。

街に溶け込むタクティカルアパレルを手掛けるメーカーでお馴染み「5.11 ビルフォールドキャップ」ですね!新入荷ですよ!

折り畳めちゃう奴です!アウトドアブランドによくあるスタイルですね!私もアウトドアリサーチ社のこんな感じの持ってます。

5.11がわからない方はロゴを見てももう何じゃラほいって感じですので、ミリタリーが好きというアピール具合は低めですわね!一番の特徴はとにかくツバが折り畳めること!ですので、薄く畳んでポケットなんかに入れちゃえる便利さはいろんなお出かけにきっときっと役立ちますで!特にバイク乗る方はヘルメット脱いだ後にいい感じですよ!シンプルスッキリ高機能なデザインは注目株です!

被った感じの深さですが、十分深いです。

こちらはアメリカ タクティカルパフォーマンス社の新入荷!シューターキャップのゴーストカモバージョン!

ツバのうらにベルクロが貼ってあります!これはバイザーライトなんかを貼る為のスペースなんですね!こだわりの仕様です!

丁寧な縫製で定評のあるTP社製で安心のクォリティ!最新のA-TACS GHOSTカモを使ったマニアックなアイテムですので、もうホイっと被ったら即ミリタリー好きですってな感じになるアイテムで、街で普通に使ったら、目立つでしょうね!

アスファルト色の都市に馴染むカモパターンなはずなのに目立つという(笑) とにもかくにもこの「ゴーストカモ」のカッコよさはなかなかのもんです!さぁ新型迷彩をまとって街に繰り出そう!

「繰り出す」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!

被った時の深さですが、浅すぎず深すぎずで気持ち良いおさまり方です。

こちらはファントムのオリジナルミリタリーアイテム!海軍特殊戦開発群DevGru(Development Group NAVY SEALs Team6)の隊員が着用しているワッペンのデザインをキャップに落とし込んだ、DevGru ゴールドチーム CAPです! カーキとブラックの二種類あります!

いや~どうですかって話ですよ!シブくないですか?特殊部隊上がりの安定のかっこよさ! 

これはマニアックでさ~ね~!パッと見ればなんかのエンブレムかな?って感じですなので「ミリタリー好き」とバレる確率は低いですが、なんてったって泣く子も黙るアメリカ海軍特殊部隊の精鋭たちが集まる部隊のエンブレムなわけですから!

さりげなくミリタリーって感じでいいですわね!どうせバレませんから、日常使いももちろん大丈夫です!

マニアック度はまぁ言わずもがなマニアックですわねそりゃ(笑)

被った時の深さですが十分深く被れます。

こちらはアメリカ ハンティング業界の話題をかっさらったことでお馴染みクリプテック社のハイランダーカモのオフィシャルキャップ!タイフォンもありますよラインナップに!

刺繍の感じも肉厚でいい雰囲気です!アウトドアやサバゲでも使いたくなる両刀キャップ!

なにかとレプリカ物も流通が多い迷彩パターンになってしまいましたが、それだけ人気ってことですかね!こちらはアメリカから取り寄せた実物キャップです!こだわり派の方こそこれだと思いますよ!ミリ好きをアピールしてしまう力は結構強いですが、色がなかなか秀逸で、印象がきつくないので日常使いも問題ないかと!被った感じの深さですが比較的浅め?のように感じました。

ハイランダーはモニターの色によってちょっと見え方や解釈に違いが出る場合がありますのでご留意ください。

こちらはビクトスの新入荷キャップ!ブランドロゴキャップですが、ちょっとネームテープのようなフロントのディテールがいかにもビクトスっぽいですね!

サバゲもタウンユースもいい感じじゃないですか?がっちがちにミリタリーっていうよりも、ストリートブランドのキャップかい?ってかんじですね!

ということでミリタリーらしさは結構皆無なのかも?なので☆1つでよいかなぁって感じですが、最近知名度のあるブランドですからね!感性の高い人同士なら、「あ、彼もビクトス・・・」「あ、あの人もビクトスだ」とお互いを密かに認め合えるきっかけになる可能性がありますから☆2つ。

前述のとおりですね、毎日使えますよ、かっこいいですからビクトスのデザインは。

被った時の深さですが十分深く被れます。フレックスフィットでサイズがありますのでご注意ください。

最後にこちら!実物放出のベレー帽だ!

汗をかいたり雨が降ったりすると「濡れた靴下を頭に乗せているよう」と世界中の兵士全員がコテンパンに大絶賛する軍用アイテム!

内側のラベルがもうそれはそれは放出品って感じでそそりますね!コレクタブルでもあります!

もうグラフは文句なしの確変状態!

とはいえファッションピースとしても使われるアイテムですからここは本当に使う方次第でしょうかね!

ただ一番注意したいのは被り方です!

街ゆくおしゃれな漫画家志望の女の子のようにちょい乗せで被れば行く先々で「おしゃれ」 「感性が高い」 「ありよりのあり」 「キューバの革命戦士」等と評価されますから「日常使いできる度」は一気に満点になるかと思いますが、実際の軍人被りで外出すると日常使いは厳しいかな~~~・・・ってなるわけ。

という事で、これが正しい被り方だ!参考までに! Photo by US ARMY OFFICIAL HP

世界各国いくつか軍によってかぶり方はありますが、今回ご紹介のベレーはアメリカ軍の放出品ですからここはアメリカ陸軍の画像を参考にして見ましょう!

①まずは床屋で両サイドの髪をザバっと刈り上げる!基本です!

②したら、乗せるように被り、クレスト(黄色とか黒とか赤とか緑の盾みたいなワッペン)が付いている所ないしそれが付く土台(クレストが付く裏には中材のような芯があります)部分を自分から見て左目の上に!

③したらベレー全体を自分から見て右側に流してゆき、そのままペタ~っとさせましょう!

④背筋を伸ばして完成!

これが正しいベレーのかぶり方!なんてかっこいいんだ!

このかぶり方で原宿を歩くのはやめましょうね!ガチになっちゃうんで!

以上、夏のおすすめ帽子特集でした!ご検討ください!

recomend

Category

archive

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION