落とし穴だらけのフラッシュライト事情!?ちゃんとした物をお持ちですか!?

September 12, 2018

こんにちわ!みなさん、ちゃんとしたフラッシュライトはお持ちですか?

 

大規模な停電などのアクシデントにいつ直面してもおかしくない昨今ですので、ちょっとおすすめのライトを本日はご紹介させて下さい。

 

手で持てるフラッシュライトの業界というのはなかなか日進月歩でして、まぁ絶えずアップデートされていきますね!数年前まで200ルーメンあればかなり明るいと評価されてましたが、今はハンディタイプでも高出力の物であれば1000ルーメンや1200ルーメンも珍しくありません。 ちょっと手元で使うにはもはや明るすぎますが、2000ルーメンを謳う物もありますね。

 

様々なタイプのものがいろんなメーカーさんから流通してますから、正直どれを買えばいい物やら・・・と少しナーバスになってしまいますね!

 

そんな方、ご安心くださいな。

 

これが間違いないですよって言うライトが本日ご紹介の「ネクストーチ PA5」です!

 

 

 

ネクストーチはラスベガスのショットショーにもブース出展しており、さらに製品においてはドイツのデザインアワードなども受賞している安心のブランドです。 各国のローエンフ&ワークの環境で製品が使われてます。

 

かつて米軍の特殊部隊にも納品されていた潜水シグナルライトのブランドを買収して、より日常で使い易いモデルとしてスペックをアップデート&再販したことでも業界では話題になりました。

 

いくつものライトを手掛けるネクストーチですが、今回ご紹介のモデル「PA5」の特徴は、USBでの充電ができること。 電池をいれたまま、ケーブルを本体に挿せば、そのまま充電モードになります。 約4時間で満充電になりますよん!

 

明るさはHighモードの660ルーメンで3時間54分、Lowモードの30ルーメンで32時間光ります!

 

ストロボモードとSOSシグナルモードもついてますよん。

 

 

 

さらに先端のヘッドを回すとワイド照射とスポット照射の切り替えができます。

 

 

 

 先端を回すことによりズームレンズの働きで、近くの広い範囲に光を当てるか、光の束をまっすぐ遠くに飛ばすか、選べるってことですね。

 

 

 

 近くで作業する場合はワイド、遠くに光を当てたいときはスポット、と言った具合に選べますので使う環境に合わせて光り方を調整できますぜ。 

 

防水規格はIPX4ですので、生活防水とお考えください。

 

小雨の中、短時間であれば使っても大丈夫ですが、嵐の中で長時間使うとちょっとわからない、みたいな感じですね。

 

というのもこの手の「軍用」を意識したライトの防水規格はIPX8が相場と決まってまして、IPX8が何かと言いますと「嵐の中どころか、1~2mなら水没しても大丈夫!なんなら浅い水中でもまぁ使えます!」みたいな完全防水型にすることで、「タフさ」をうたい、軍隊やワーク等の現場の相棒を目指すのですが、どうしてもですね、ワイドとズームの切り替えができるモデルというのは、防水システムが得意ではないのです。

 

その先端の切り替える場所から微妙に水が入り込んでしまうと言いますか・・・。

 

なので、軍で採用されるようなライトにこのようなワイド&ズームの切り替えシステムはついてない事が多く、基本的には、ハイモード、ミドルモード、ロウモードのような感じで「光る明るさ」を具体的に切り替えることで、調整しますね。

 

遠くを照らすときはハイモード、近くを照らすときは目が疲れますのでミドルモード、みたいな。

 

 

とはいえ、日常使いでは、このズーム機能というのは確かに便利で、先端の操作が直感的で使い易いんですね。 使い易さを意識してメーカーサイドでもズームレンズを採用した物を取り扱っているわけですが、その弊害として、「完全防水」を捨てざるをえないんですぅ。

 

なのでここまで読んでみて「ズームいらないから、台風直下でも使えるような完全防水型がいい」という方は以前ご紹介した「NEXTORCH E51」がおすすめですね!明るさも1000ルーメンあります(笑)

 

 

 

 さてさて話を戻しまして、今度はバッテリーのお話。

 

バッテリーは近年この手のハンディライトの主流になりつつある、18650バッテリーというものでちょうどカメラ電池CR123Aを二つつなげたようなデザインの物になります。 多少ランタイムが下がると言われてますが、カメラ電池でも代用はできますよん。

 

災害時に単三や単四はお店やコンビニから枯渇してもカメラ電池は案外残ってたりして、特殊性が優位になることもあったりします。

 

とりあえず聞きなれない18650バッテリーですが、ネクストーチの良いところは全部セットになっているところ。 上のお写真にあります、バッテリー、USBケーブル、手さげストラップ、予備の防水パッキンが付属!

 

ちなみに充電器はいりません。  本体で充電できますので!

 

 

 

 

という事で、お気に入りの防災ギアに加えておくのはいかがでしょう?6000系のアルミで出来たボディもとてもきれいですよ。 切削がきれいでしてちゃんと「品質」を意識していることが伝わってきます。 もちろんショックプルーフも1mついてますから、イカツイ衝撃でなければ、簡単には壊れません。

 

防災用にもアウトドアにも使える高品質ライトです。

 

 

 

この、フラッシュライトのカテゴリーは難しくて、ネットでひとたび検索すれば「明るくて安い!」といった触れ込みの大陸製のアイテムが大量にありますが、恐ろしいことに「安いだけ」のケースも珍しくなく、知識がないと、買ったはいいけれど丈夫さも明るさも有してないものをつかまされたりもします。

 

さらに、表記のルーメン数が到底出ていないにも関わらず、詳しくない人からすれば「とりあえず光ってはいるので、明るいかも」と錯覚してしまいます。

 

実際に粗悪品には、「謳っているほど明るくない気がする」といったケースや「光っているけど妙なチラつきがある」といったケース、さらに「使っていると不思議な発熱をしてボディが異様に熱くなる」といった不具合が確認されていたりするのも事実・・・。せっかく災害時のために備えていたライトが、いざって時に粗悪品だったら・・・。

 

遊び用ではなく、リアルにサバイバルを意識したライトを買うときは、ちゃんとした説明書きが書いてあって出所がはっきりしているものを選んで下さいね。今回のブログの出だしの青文字の部分がまさにそれです(笑)

 

それから、実際に災害に合うと、ライトというのは「一家族に1本」だと足りないという話を聞いたことがあります。 みんなそれぞれ、居間にいたり部屋に行ったりトイレに行ったりと動くので、「一人に1本」じゃないと意外とつらい、という事らしいんですね。

 

家族の為にライトの頭数を増やすことは大事なのですが、1本くらいは「最強に頼もしい、高品質のモノ」があると安心かもしれませんね!

 

転ばぬ先のフラッシュライト、是非ご検討ください!

 

NEXTORCH

PA5

フラッシュライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

recomend

Category

archive

Please reload

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION