鍵を一括管理!ジャラジャラぶら下がるノイズを一網打尽!キーバーのご紹介!


またまた登場「キーバー」ですよ!鍵穴のような古墳「仁徳天皇陵」も世界遺産登録されましたので、鍵つながりでもう一度ご紹介しちゃおうっていう便乗丸出しのw

もうすでにご存知の方も多いかと思いますが、今回はセットアップの仕方をご紹介したいなぁと思っております!

ということでまずは初見の方の為にもう一度おさらいしてゆきましょう!

皆さん、鍵の持ち運びってどうされてますか?自宅の鍵や、自転車の鍵や、バイクの鍵や、実家の鍵や、郵便受けの鍵や、職場の鍵や、ガンロッカー(?)の鍵や、ダンジョン(!?)の鍵やらで、身の回りのエトセトラにまつわる鍵を全部持ち運ぶと結構ジャラジャラとかさばるってもんですよね。

これを一括でまとめて携帯できるようにしちゃおうってのがキーバーのコンセプトです。

アメリカではEDC系のフォト投稿で頻繁に登場するアイテムなのですが、今回は組み立て方をご紹介致しますね!言われてみればいまでセットアップのやり方をご紹介していなかったなぁとおもいまして。

ちなみにセットアップはとても簡単!やり始めると、お気に入りの鍵を挟んで自分だけの一点ものの「ツール」を作る感覚はなかなか楽しいです!

まずはマイナスドライバーで本体のネジを外します。

するとパッキンのついたネジとワッシャー数枚が取り出せます。

さてお好きな鍵を用意していよいよ組み上げなのですが、ここがポイント。 鍵をセットする前に、まずネジにワッシャーをかませて下さい。 開閉がスムーズになりますので。

あとは鍵をいれ、またワッシャーをかませて

次の鍵をセット!左右の厚さを調整してもとにもどせば完成です!

ゴムパッキンの締め方できつくもゆるくもできます。 左右に鍵を入れる場合、互い違いでぶつからないように入れてゆきます。微妙な厚さをワッシャーで調整してゆくのが結構楽しい!

自分だけのマルチツールって感じで出来上がり!万能ナイフのような出で立ちで、わくわくしますね!

ちなみに日本にはまだ流通ないですが、アメリカ本国ですとこれに入れるナイフ(しかもダマスカスブレードになっているこだわり品)もサードパーティ製であったりして、「いやいや、もはやフォールディングナイフやないの」って感じでにぎわっているアイテムなんですねキーバー。

これ最後にちょっとご留意頂きたいのですが、鍵の穴によっては対応してない物があります。 穴がきつい物や左右に広がってしまっている物は難あり。 穴がきつい物に関しては少しヤスってあげれば問題ありません。

是非挑戦してみてくださいね!ぶら下がる鍵のジャラジャラから解放されてスッキリス!!って感じですよw

今回は個人的に好きな色「セラコートカモ」のご紹介でしたが、キーバーは個性に合わせて、様々なデザインや金属が存在しますので是非ファントムのホームページをご覧になって見て下さい♪

KeyBar

セラコートカモ

recomend

Category

archive

Relatio site

ミリタリーサープラス&アウトドアギアの総合通販サイト|ミリタリーショップ ファントム
ミリタリー&アウトドアショップ  ファントム ブログ
SUBDUED | Official site

Copyright © 2014 KIWA corporation PHANTOM DIVISION