秋の新作!VIKTOS ガンファイターフランネルジャケット!


最近寒くなってきましたね!なんだか秋の気配を感じつつもあっという間に冬になりそうですが、本当に驚かされるのは一年の早さ・・・なんてことでしょうね(笑)

ということで、ここしばらくかなりの根強い人気を誇るミリタリーアパレルブランド「ヴィクトス」から秋の新作アウター入荷してますのでちょっと見てゆきましょうね!

こちらのジャケット「ガンファイターフランネルジャケット」というのですが、ウールのブレンド素材でできておりまして、ヘビーでタフな印象のアウターです。ウールという事は擦れや火にも強いですからね、レンジでのドリルやタクトレや焚火なんかでも対応できるジャケットと考えるとちょっとナイロン100%やポリエステル100%の服とは一線を画す感じで「ツウ」が選ぶアウターってな印象ですね!

内貼りはライニングされていて、保温性も結構あります。 これ一着でコーデが決まる感じはありますね!

肘には当て布&アクションプリーツのような構造になっており、ウールとはいえちゃんと体の動きを追従するように考えられてます!

背中から見た画像なのですが、アームホールの付け根にも伸縮素材を採用しており、レトロでクラシカルな印象とは裏腹に結構「動ける」やつです。 ライフルこそ背負えばミリタリーアパレルチックですが、これ単品で見ると、どことなくストリートアパレルなのかな?といった静かな印象に見えるのも面白いですね!

まぁ実際、サイドには思いっきり「腰のホルスターにアクセスする為のジッパー」が設けられており、明らかにタクティコウな仕様なのですが(笑)

開けておけば、腰にぶら下げた装備にもいい具合で手が伸ばせます。 こんなに考えられた構造なら、これからの季節のサバゲにも使いたくなっちゃいますね!

ここもポイントなのですが、胸のポケットもジッパーが設けられ、中のものが飛び出さないように配慮されているのです。 しかもプレキャリを装備した時の為にジッパーが外側に配置されてます。 内向きにジッパーがあるとプレキャリを脱がないとポケットのものが取り出せないですもんね。

クラシカルに見えて、むしろこの「そこはかとないダッド感?」がかっこいい! 

ということで如何でしょうか?

デニムに、ジャクストなんか履いて、フランネルジャケットを羽織っちゃって、これ一着でコーデが決まる!だけでなく、さらにサバゲにも使えるという優秀な秋アウターでした!

VIKTOS

ガンファイター

フランネルジャケット

recomend

Blog

Category

archive